ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Transformers: War for Cybertron』

PC Windows


IGN: 9/10
本作は驚きのダークホース。この夏をオンラインで過ごすための最良の方法だ。

演出: 9/10
グラフィック: 8/10
サウンド: 8/10
ゲームプレイ: 9/10
持続性: 9/10

1UP: 8.3/10
スタースクリームとメガトロンとの煽り合い、エフェクトのかかった冷淡なサウンドウェーブの音声、オートボット達を招集するコンボイの高圧的なスピーチ、全てがここにあります。

Games Radar: 8/10
過去5年間のベストゲームからのアイデアを採用し、ファンではないユーザーを遠ざけること無く、原作に対するリスペクトを持ち合わせたWar for Cybertronは最高のトランスフォーマーゲーム。

GameTrailers: 7.7/10
War for Cybertronはマルチプレイヤーのスリルで何十時間もの間あなたの興味引き付ける良いシューターです。そしてキャンペーンはプレイする価値が十分にあります。

GameSpot: 6.5/10
サードパーソンシューターで上手く成し遂げられたこのライセンスは、無数の問題を隠すことが出来る。

■長所
 ・車両として動きまわるのは楽しい(特にジェット機)。
 ・Escalationは通常のHordeモードに上手く捻りを加える。
 ・対戦プレイにはユニークなクラスおよび多くの報酬がある。
 
■短所
 ・キャンペーンでのビジュアルおよびゲームプレイの種類不足。
 ・少ない弾薬。
 ・信じられないほど退屈なボス戦。
 ・味方および敵のAIは貧弱。
 ・変形はコアなアクションと調和していない。
* * * * * * *

Windows PC/Xbox 360/PS3の三機種で6月22日に発売となったサードパーソンアクションシューター、Transformers: War for Cybertronの海外レビューハイスコアです。マイケル・ベイ監督の映画版をベースにしたTransformers: The Gameとは違い、アニメーションシリーズがベースとなっている本作ですが、各レビュアーの評価は上々です。



細かい評価を見てみるとゲーム自体はさほど革新的ではなく底が浅いと指摘されていますが、トランスフォーマーのゲームとしてはかなり上出来のようです。また原作へのリスペクトは忘れず、それでいてファンのためだけのゲームとなっていないことも評価されています。

Transformers: War for Cybertronの平均点はずば抜けて高いというわけではありませんが、過去作品Transformers: The Gameの平均点を考えると今作は十分に成功したと言えるのではないでしょうか。
(ソース:Metacritic, イメージ: 公式サイト, イメージ: YouTube)

(c) 2010 Activision Publishing, Inc.

【関連記事】
カスタマイズも!『Transformers: War for Cybertron』迫力のマルチプレイトレイラー
『Transformers: War For Cybertron』インゲーム映像のトレイラーが公開
トランスフォーマー新作ゲーム『Transformers: War For Cybertron』トレイラー初公開
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

    PC版『No Man's Sky』一部プレイヤーの探索情報がリセット、同期不具合の可能性

  2. 太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

    太陽系外の惑星が舞台の街づくりシム『Aven Colony』発表!―挑戦的な環境でコロニー構築

  3. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  4. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  5. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  6. 『BioShock: The Collection』3作品ゲームプレイ映像―全ては灯台から

  7. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  8. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』100万本セールス!コストは1週間で回収

  9. 『オーバーウォッチ』次期バランス調整の詳細が公開―ゲンジ弱体化など変更多数

  10. コーエーテクモ『進撃の巨人』海外版はPC/Xbox Oneでも発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top