ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision CEO、Xbox LIVEやPSNのモデルに懐疑的、PCの独自環境に興味

PC Windows

Activision BlizzardのCEOであるBobby Kotick氏は、Xbox LIVEやPlayStation Networkなどの家庭用ゲームオンラインサービスのモデルに懐疑的な見方を示し、PCゲーム環境を初めとするよりオープンなプラットフォームをサポートしていきたい考えを明らかにしました。

Financial Timesに対し同氏が主張した内容によれば、Xbox LIVEの60%ものユーザーが主にCall of Dutyをプレイするために有料会員になっているのに関わらず、Activisionは公正な分配を受け取っていないとのこと。

Kotick氏はコンソールの閉鎖的なネットワーク環境を「壁に囲まれた庭」と表現。DellやHPなどが手がけるテレビに直接接続できるゲーマー向けPCを積極的にサポートしたいと話し、「もし顧客を拡大するなら、別の機種が必要になるだろう」とActivision独自の環境を用意する可能性を示唆しました。

Call of Dutyの有料オンラインサービス化にも言及していたKotick氏ですが、今回の発言が同社の計画する新たなサービスのヒントとなるのでしょうか。

尚、別のニュースになりますが、先月Kotick氏はThe Wall Street Journalに対し、「Activision Blizzardの営業利益のうち約70%は家庭用ゲームビジネス以外から得ている」と伝えています。(ソース: Financial Times via 1UP: Activision Boss Wants Consoles to Be Replaced by PCs)


【関連記事】
Activision社長: 『Call of Duty』の有料オンラインサービスを明日にでも始めたい
『WoW』の有料アイテム、Blizzardの利益は1日で350万ドル以上?
まだまだ勢い衰えず『World of Warcraft』登録ユーザー数が1100万人を通過
Infinity Wardの再建始まる、将来的には“グレイト”な新フランチャイズも
Activision: Bungieの完全新作はXbox 360、PS3、PC向けに発売
Kotick社長がIW幹部の解雇についてコメント「他に選択肢がなかった」
Activision Blizzard社長Robert Kotick氏の年収は14億円以上
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

    『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  2. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

    『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

  3. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

    開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  4. Steamで『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」配信開始、日本語音声・字幕は未対応

  5. PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

  6. 新たなインディー世紀末ストラテジー『Overland』のパブリックアルファ実施へ

  7. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  8. 『Fallout 4』DLC「Nuka-World」国内トレイラー!みんな大好きヌカ・ワールドへようこそ

  9. PS4/PC『No Man's Sky』最新パッチが配信―フレームレート改善など盛り込む

  10. 安定性向上を図る『No Man's Sky』PC版パッチノート、次回更新プランも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top