ハードコアゲーマーのためのWebメディア

RPGメーカーのObsidian、『クロノ・トリガー』の海外制作に興味

ニュース 最新ニュース

Star Wars: Knights of the Old Republic IIやNeverwinter Nights 2などの堅実な評価のRPG作品を過去に手がけ、現在はFallout: New VegasやDungeon Siege 3の制作を進める米国の開発スタジオObsidian Entertainment

Dungeon Siege 3の発表においては、Gas Powered Gamesからシリーズの権利を獲得したスクウェア・エニックスとパートナーシップを結んだことでも話題になりましたが、同スタジオのCEOを務めるFeargus Urquhart氏が、JRPGに関する興味深い発言をしているようです。

スクウェア・エニックス作品の中で手がけてみたいフランチャイズがあるかを海外サイトに問われたUrquhart氏は、日本産のRPGがあらゆる点において特殊であるため海外スタイルで制作するのは難しいとしながらも、「これまでプレイした全てのゲームの中で最も楽しんだ作品だから」という理由でクロノ・トリガーの名前を挙げました。

またObsidianのリードデザイナーNathan Chapman氏もこの意見に賛同。クロノ・トリガーにはダイアローグ・ツリーやマルチエンディングといったWRPG(海外産RPG)の要素があり、将来そのような開発が実現するヒントは存在すると指摘。

2人は、ファンタジーとSFをミックスした独特の世界観や“巨大な剣”といったJRPGのスタイルがとてもクールで、もし海外で制作したらきっと楽しくなるはずだと話しています。(ソース: Siliconera: Obsidian Would Like To Work On Chrono Trigger)


【関連記事】
BioWare開発者: 『ファイナルファンタジーXIII』はRPGではない
海外サイトが選ぶ『最も偉大なRPG作品』TOP10
BioWareの「JRPGは進化が不足している」発言、海外ユーザーの反応は…
スクエニ、Obsidian開発のRPG最新作『Dungeon Siege 3』を正式発表!
開発中止タイトル『Alien RPG』の未公開フッテージ映像がリーク
『Alpha Protocol』を発売中止すべきだった… 開発者が内部事情を暴露?
スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声
一生の想い出…今度はあの『クロノ・トリガー』を改造して、愛の告白イベント大作戦!
未開封の北米版『クロノ・トリガー』がオークションで高値で落札される
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. オリジナルDL版『Forza Horizon』ゲーム本編含む全コンテンツが10月に販売終了へ

    オリジナルDL版『Forza Horizon』ゲーム本編含む全コンテンツが10月に販売終了へ

  2. カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

    カプコンが『バイオハザード7』体験版のヒントを投下!―人形の指が示すものとは…

  3. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」国内配信日が9月下旬に決定!ニコ生も放送予定

    『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」国内配信日が9月下旬に決定!ニコ生も放送予定

  4. CyberZ、国内e-Sports「RAGE」第3弾『Shadowverse』概要発表!賞金総額700万円

  5. PS4『デッドアイランド:ディフィニティブコレクション』国内発売日決定―死の島へ再び

  6. 『レインボーシックス シージ』日本の特殊強襲部隊「SAT」配信決定―カナダJTF2国内配信開始【UPDATE】

  7. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  8. 『オーバーウォッチ』噂の新キャラ「ソンブラ」のさらなる暗号が発見―「サマー・ゲーム」のトレイラーにて

  9. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  10. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top