ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストIX』は“JRPG”ではない―ディアブロ、オブリビオンから影響

携帯ゲーム DS


7月11日の北米発売が迫るニンテンドーDSのドラゴンクエストIX(Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies)。海外メディアへの露出も増えてきたドラクエシリーズ最新作について、GameInformerが本作のプロデューサーである市村龍太郎氏にインタビューを行っています。

日本産ということで、いわゆる“JRPG”の一本と捉えられがちなドラクエ9ですが、市村氏はそれを否定。
“我々は、ドラゴンクエストIXをいわゆるJRPGジャンルの一つだとは認識していません。あなたが日本産のRPGを全て“JRPG”と呼んでいるのでなければですが。”

過去のドラクエと比較して、マルチプレイ、クエスト、装備の見た目反映などの要素が特徴の本作について、氏は以下のように海外産ゲームの影響を語っています。
“クエストシステムは、私が何度もプレイしたThe Elder Scrolls IV: Oblivionにインスパイアされました。もうひとつ、プレイヤーのモチベーションを維持する方法として影響を受けたタイトルとして、Diabloを挙げておきたいと思います。”

オブリビオン、ディアブロという名作に影響を受けたというドラクエ9。海外の“JRPG”ファン以外にどのように受け入れられるのか、間もなく出そろう海外レビューとともに注目してみましょう。(ソース: GameInformer)


【関連記事】




《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

    3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  2. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

    【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  3. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  4. 【E3 2015】なにかと話題の『メトロイドプライム ブラスト・ボール』はオモロイドだった!

  5. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  6. 欧州でPS Vita向け『Ratchet & Clank Trilogy』がリリース、シリーズ初期3作がセットに

  7. 「ゲーム&ウオッチ」風New 3DSプレート登場 ― 時計、アラーム、タイマーなどの機能付

  8. Sonyがインディーズデベロッパーに無償でPS Vita開発キットを貸与

  9. 任天堂から発売の海外版『ドラゴンクエストIX』、発売日とボックスアート決定

  10. 噂: 任天堂が海賊版ユーザーによるオンラインプレイを締め出しか―海外で複数報告

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top