モリニュー氏がTEDグローバルにて『Milo and Kate』をデモンストレーション | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モリニュー氏がTEDグローバルにて『Milo and Kate』をデモンストレーション

家庭用ゲーム Xbox360


イギリスはオックスフォードにて開催されたTEDグローバルカンファレンスにてPeter Molyneux氏がMilo and Kateのデモンストレーションを行ないました。実際の操作はアシスタントのDimitri氏が行い、以下のようなシチュエーションを披露しました。

まずはDimitri氏がMiloに向かってカタツムリを踏み潰すよう指示。この指示にMiloは躊躇し、本当に踏み潰すべきなのかを尋ねます。そこでDimitri氏が「行けMilo、踏みつぶせ!」と強い口調で再び指示。するとMiloはそれに従います。

Molyneux氏はプレイヤーが“心理学テクニック”を使用してプレイすると共に、タイトルがプレイヤーの決定などを基に学習してMiloを形作ると話し、“人々のMiloが同じものになることはない”と伝えています。


その他デモンストレーションではプレイヤーがMiloの部屋掃除を手伝い、最初に紙屑や石ころを拾う事を教えたり、顔を赤らめて恥ずかしがるMiloの能力や別のAIによって引き起こされるフェイシャルレスポンスなどが披露されました。

Molyneux氏によればプレイヤーを認識させるために45分間のチュートリアルをプレイする必要があるとしていますが、チュートリアルをプレイする事で“レール上にない”より多くの濃い冒険にMiloを連れ出すことができるのだそうです。またMiloの“心”はゲームディスク上にはなく、多くの人が使用することで更に賢くなるクラウドによって提供されるとの事。

またキャラクター設定についても明らかにされており、Miloは彼の両親と愛犬Kateと共にニューイングランドからロンドンへと引っ越してきたのだそうです。そして引っ越しによって気分が落ち込んでいるMiloを元気付ける事が本作の全てに関係しているとMolyneux氏は話しています。


Molyneux氏は「私はこれらの革命が好きです。そしてMiloがもたらす将来を愛しています」と締めくくりデモンストレーションを終えました。
(ソース: 1UP, CVG, イメージ: SCRAWL, TEDGlobal)


【関連記事】
Microsoft: 『Milo and Kate』をゲームとして発売する予定はない
モリニュー: 『Milo & Kate』は完全にプレイアブル、デモより10倍素晴らしい
Peter Molyneux氏による『Milo and Kate』の最新レクチャー映像
E3 09: ピーター・モリニューの新プロジェクトはモーションカメラ対応の『Milo』
《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

    『FFXV』ゲーム内イベント「モグチョコカーニバル」の開催日時決定!映像も公開

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は任天堂最後のWii Uタイトル―レジー社長

  3. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  4. PS4/XB1版『The Town of Light』は2017年海外リリース―実在した精神病院が舞台のADV

  5. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  6. 戦国死にゲー『仁王』インプレッション―「困難の先にある達成感」

  7. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  8. SUDA51氏、『ノーモア★ヒーローズ』関連のツイートをRTしまくる―『シルバー事件』関連のツイートも…

  9. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥンがソフマップグラドルとして降臨?

  10. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top