ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Codemasters CEO: 未完成のゲームを売れば著作権侵害の防止になる

PC Windows

CodemastersのCEOであるRod Cousens氏は現在の著作権侵害対策の主流であるDRM(デジタル著作権管理)は間違った方法であるとし、オプショナルな追加ダウンロードを備えた未完成品を販売する事が著作権侵害に対する最良の方法であるとCVGのインタビューで話しました。
「ビデオゲーム産業は異なる方法を学ばなければいけません。私の答えはパブリッシャーが未完成のゲーム販売し、完全な体験要素を購入するための小額決済をユーザーに複数提示するというものです。それは手頃な小売価格を実現し、パブリッシャーがゲームに再投資できる更に多くの収入を長期間にわたり生み出すかもしれません。もしこれらのゲームの海賊版が出回ったとしても、それを手に入れた人達は完全な体験をする事ができないでしょう」
Cousens氏が提案するこの対策方法は、Electronic ArtsのCEOであるJohn Riccitiello氏が過去に提案した「ゲームはパッケージされたコンテンツではなく、オンラインサービスを中心としたものへと移行する」という対策法に近いものがありますね。

パブリッシャー・デベロッパーにとっては死活問題、そして正規ユーザーにとっても全く無関係な話ではない海賊版問題。あれこれ対策方法を考えるまでもなく、ユーザー自身が海賊版に手を出さないというしっかりとしたモラルを持つ事が一番の解決法かもしれません。
(ソース: CVG via MaxConsole)


【関連記事】
Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、ゲームは常時オンライン環境が必須に
PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは?
PSPが好調なセールスに並行して、深刻な著作権侵害にさらされている。
著作権侵害によるダメージ、CrytekはもうPC専用のタイトルは作らない
マイクロソフト、違法に改造された360本体をXbox LIVEから一斉に追放
ゲーム機の改造代行で大学生が逮捕。長期禁固刑の可能性も
Electronic Arts CEO: 流出した『The Sims 3』の海賊版はデモのようなもの
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. PC版『Fallout 4』に1.6アップデートのベータ版が配信―プレイ終了時の自動セーブ実装など

    PC版『Fallout 4』に1.6アップデートのベータ版が配信―プレイ終了時の自動セーブ実装など

  2. 【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

    【UPDATE】PC版『オーバーウォッチ』新パッチ配信!待望の「ライバル・プレイ」追加

  3. 『シヴィライゼーション VI』「改善」特化の新ユニット「Builders」海外向け紹介映像

    『シヴィライゼーション VI』「改善」特化の新ユニット「Builders」海外向け紹介映像

  4. 『Overwatch』ランク戦に不具合発生も修正完了、一部マップのレート問題が解決

  5. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  6. 『Total War: WARHAMMER』新DLC「Blood for the Blood God」リリース―手足が飛ぶゴア表現追加

  7. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  8. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  9. アセンブリ言語を駆使するパズルゲーム『TIS-100』が早期アクセス開始―開発は『SpaceChem』のZachtronics

  10. 非対称マルチホラー『Dead by Daylight』クローズドベータ始動!狩りが始まる…

アクセスランキングをもっと見る

page top