Reachの一方で、Atari 2600向け『Halo 2600』の開発も完了していた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Reachの一方で、Atari 2600向け『Halo 2600』の開発も完了していた

家庭用ゲーム Xbox360


Haloシリーズ最新作となるHalo: Reachの開発が完了する一方で、30年以上前のゲーム機であるAtari 2600向けにHalo 2600の開発が完了していた……。

これを作ったのはかつてMicrosoftで活躍、Bungieとも深く関わったEd Fries氏。休暇の6ヶ月の間につくったというHalo 2600は「Atari 2600用にコードを書いてみるのも楽しそうだ」と思って始め、次第にゲームとして形になっていったとのこと。様々な制約の中でつくる苦労も書かれています。

VideoGameDailyが行ったインタビューで、「これをXBLAやReachのイースターエッグに使うのはどう?」と聞かれた氏は「彼らがこれで何かしたいと思うなら自由にしていいよ」とコメント。何らかの隠し要素として使うのはおもしろいかもしれませんね。

Halo 2600のプレイはこちらからどうぞ。(ソース: VideoGameDaily)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』最新PV公開! プレイヤーを待ち受ける恐怖と謎を映像でチェックしよう

    『バイオハザード7』最新PV公開! プレイヤーを待ち受ける恐怖と謎を映像でチェックしよう

  2. MSスペンサー氏、ハイエンド機「Scorpio」で遂にゲームをプレイ!その感想は…

    MSスペンサー氏、ハイエンド機「Scorpio」で遂にゲームをプレイ!その感想は…

  3. 『GRAVITY DAZE 2』複数の不具合対処方法が告知

    『GRAVITY DAZE 2』複数の不具合対処方法が告知

  4. 『バイオハザード7』のDLC情報が海外発表―第1弾はPS4版が近日配信

  5. 稲川淳二がPSVRに挑戦! 怪談の語り手が『バイオ7』と『KITCHEN』をプレイする映像をお披露目

  6. ニンテンドースイッチ『ウルトラストリートファイターII』のゲームプレイ機能を紹介

  7. マイニンテンドーストアが徐々に復旧、商品も一部予約可能

  8. Xbox One最新アップデートの一部がXbox Insider Programで配信開始―解説映像も披露

  9. 『レインボーシックス シージ』新DLC「Operation Velvet Shell」海外向け映像公開

  10. 『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」1月24日配信―製品版所持者は期間限定で無料

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top