ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂とNokiaがゲーム機能を持つ携帯電話を開発していた−海外サイト報道

携帯ゲーム DS

Sony EricssonとGoogleが手掛けるスマートフォンの噂を今日お伝えしたばかりですが、新たに海外サイトでは、任天堂がフィンランドの携帯電話メーカーNokiaと共同で、ゲーム機能を持つ携帯電話を開発していたとの噂を報じています。

UKゲームメディアのPocket Gamerが匿名の開発関係者から得た情報によると、2000年代の初頭、任天堂とNokiaは極秘裏で携帯電話の研究・開発を進め、そのコンセプトは任天堂本社の取締役会に提出されたものの、プロジェクトは承認されず打ち切りになってしまったとのこと。

その後、任天堂は携帯ゲーム機ニンテンドーDSを発売するに至り大きな成功を手にしましたが、対照的にNokiaが発売したN-Gage(ゲーム機能を持つ携帯電話)は不発に終わり、現在は対応ゲームの開発やサービスが終了しようとしています。

情報提供者は、任天堂が非常に保守的な企業で、常に複数の研究・開発プロジェクトを同時に進めながら、その多くを却下していると伝えたそうです。(ソース: Pocket Gamer: Nokia Nintendo phone went through R&D at Nintendo HQ)


【関連記事】
噂: Sony EricssonがAndroid 3.0搭載のPSP go型スマートフォンを開発中
任天堂、ニンテンドー3DSの価格や発売時期を9月29日に発表へ
任天堂が3DS関連の新たな商標を登録、『CrossPass』他
Wall Street Journal: ソニーが新型携帯デバイスを開発中
アナリスト: ニンテンドー3DSの価格は249〜299ドルの範囲になる
GameTrailersが選ぶ『ゲーム業界における大失敗』TOP10
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  2. PS Vita版『ウォーキング・デッド』日本語版がスクエニから発売決定―レーティングはCERO Zで追加DLCも収録

    PS Vita版『ウォーキング・デッド』日本語版がスクエニから発売決定―レーティングはCERO Zで追加DLCも収録

  3. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

    「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  4. 国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

  5. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

  6. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  7. “リアル”ワンちゃんの逆襲!?本物の犬がニンテンドッグスのソフトを破壊

  8. 【PR】「ゲームってこんなことになってたんだ!」PlayStation Vitaとゲームを語る女子会企画

  9. DSで本格シューティング再び 『Nanostray 2』 気になる新要素と最新トレイラー

  10. 「Hulu」がPS Vitaに5月29日より対応開始 ─ タッチパネル操作にも対応

アクセスランキングをもっと見る

page top