“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『リネージュ2』中毒になった男性がNCsoftを訴訟−アメリカ

August 21, 2010(Sat) 19:21 / by Rio Tani

MMORPG Lineage II(リネージュ2)をプレイしすぎて生活に支障をきたしたとして、米国ハワイの男性が運営会社のNCsoftに対し訴訟を起こしたそうです。

2004年から2009年の間にLineage IIをおよそ20,000時間プレイしたという原告Craig Smallwoodさんの訴えによると、ゲームの依存症になったことから、朝起きたり、着替えたり、入浴したり、家族や友人と接するといった日常的な行為を自力で行うことができなくなったとのこと。

Smallwoodさんは、もし中毒になることが分かっていれば最初からゲームを始めなかった、などと主張。運営元のNCsoftが、Lineage IIにこうした危険な特徴があることを事前にユーザーに警告していないことや、安全で適切なゲームの利用方法を説明しなかったのは過失だとして、損害賠償金を支払うべきだと要求しました。

ハワイ連邦地裁の判事は、Smallwoodさんの訴えを不起訴にするよう要求していたNCsoftの申請を却下し、裁判を行う方向で動いているということです。(ソース: Wired.com: Addicted Gamer Sues Game-Maker, Says He is 'Unable to Function')


【関連記事】
専門家、MMO中毒者を治療するための“インゲーム・セラピー”を計画中
『Lineage II』プレイヤー同士がリアル世界で乱闘、死者が出る騒ぎに
『FFXI』を巡るスクウェア・エニックス500万ドル集団訴訟の詳細
『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟
セラピスト: ゲームで2時間遊ぶとコカイン1回分の高揚感を生む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image