“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『グランツーリスモ5』のカート用コースにイタリアの関係団体が憤慨

August 23, 2010(Mon) 10:57 / by Rio Tani



先週ドイツで開催されたgamescom 2010では新情報が一挙に発表、国内や欧州での発売日も遂に決定したグランツーリスモ5。新たに公開されたカートレーシングモードはトレイラー映像が用意されるなど特に注目を集めましたが、そのコース内容に問題があるとして関係団体から反発を受けているようです。

問題となったのは上のトレイラー映像でも紹介されているイタリアのトスカーナ州シエーナにあるカンポ広場を舞台にしたコース。この公共の広場では、13世紀頃から馬を使った“パーリオ”と呼ばれる競技が毎年2回開催されており、その運営を受け持つ組合が、パーリオ用のContradeと呼ばれる各地区用のシンボルなどがゲーム中無許可で使われていると抗議。

パーリオを保護する組合の会長Anna Carli氏は、「Contrade、今回のケースでは旗を無断で使用することはできません」とコメント。これらのイメージをゲームから撤去するようソニーと交渉する意向を表明し、場合によっては弁護士を雇いグランツーリスモ5の発売を中止させる構えも見せているとのこと。

これらの抗議に対するSCEEからの回答はまだ発表されていません。

グランツーリスモ5は欧州と日本で2010年11月3日、北米では11月2日に発売予定です。(ソース: VG247: Gran Turismo 5 upsets Siena, Kotaku)


【関連記事】
カートレースシーンを収録した『グランツーリスモ5』直撮りゲームプレイ映像
『グランツーリスモ5』の国内発売日が決定、初回限定版や本体バンドルも発表
ヒンドゥー教の神様が主人公のPS2ゲームが発売 → 教徒がソニーに猛抗議−インド
リアリティ・バイツ!ソニー側は教会に謝罪へ…『Resistance』の一件から学ぶこと
タリバン兵を使用できる『Medal of Honor』に戦争犠牲者の遺族が抗議
『GH5』のカート・コバーン出演にコートニー・ラブやニルヴァーナの元メンバーが抗議
神々が対決するフラッシュ格闘ゲーム『Faith Fighter』に各地の宗教団体が憤慨
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image