ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『CoD: Black Ops』日本版の発売日が決定、字幕版と吹替版の2種類を用意

September 01, 2010(Wed) 19:14 / by Rio Tani

スクウェア・エニックスは、Call of Duty: Black Ops(コール オブ デューティ ブラックオプス)の日本語版の発売日やローカライズの仕様をEXTREME EDGESのブログ上で発表しました。

それによると、PS3版とXbox 360版に「字幕版」と「吹き替え版」の2種類が発売予定で、発売日は字幕版が2010年11月18日、吹き替え版が約1ヶ月遅い12月16日。希望小売価格はいずれも7,980円(税込)となっています。

またWindows版も発売予定とのことですが、価格、発売日ともにまだはっきりしていない模様。

担当者によると、「前作コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2の購入者向けアンケートの集計から、60%が英語ボイス日本語字幕、40%が吹き替えを希望しているという結果が得られたため」2つのバージョンを発売することに決めたそうです。

同ブログでは吹き替え版の声優陣が発表されている他、今日オープンしたオフィシャルサイトで9月8日に吹き替え版のトレイラーを公開すると告知しています。(ソース: EXTREME EDGES)


【関連記事】
スクエニ、『Call of Duty: Black Ops』の国内販売・ローカライズを発表
『Call of Duty: Black Ops』gamescomでのライブデモ直撮り映像
『Call of Duty: Black Ops』の最新スクリーンショットが公開
GameStop: 『CoD: Black Ops』の限定版には『WaW』のゾンビマップを収録
『CoD: Black Ops』のPrestige Editionは無線カメラ搭載ラジコンカーを同梱!
Game*Sparkリサーチ『海外ゲームのローカライズについてどう思いますか?』結果発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image