海外レビュー番外編: 『PlayStation Move』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビュー番外編: 『PlayStation Move』

家庭用ゲーム PS3



日本国内よりも約1ヶ月早く、9月17日に北米ローンチとなるPS3の新型モーションコントローラPlayStation Move。先週から海外メディアが続々とレビューを掲載しているので、その評価内容をまとめました。

* * * * * * *


IGN: 8.5/10
結局のところ、PlayStation Moveは現行の家庭用機において最高のモーション操作システムのポテンシャルを秘めているが、残念ながら今のところ用意されている専用ソフトではその技術を十分に発揮しきれていない。どうしても今欲しいなら、最初から全ての素晴らしいコンテンツが楽しめるのを期待すべきではない。しかし時間と共にいくつかの問題が解決されていけば、MoveはPS3に新たなゲームプレイ体験があることを証明し、より多くの新しいカジュアルユーザーを引き込むことができるだろう。

演出: 8.5/10
品質: 9/10
使い勝手: 8/10
価値: 8.5/10


Yahoo! Games UK: 4/5
PlayStation MoveはニンテンドーWiiよりも優れているだろうか?技術的にはイエスだが、感情的にはノーだ。UbisoftのRTS R.U.S.E.やソニーのFPS Killzone 3といった今後の対応タイトルには大きなポテンシャルがある。これらHD作品の印象的な見た目と深みのあるゲームプレイはWiiでは味わうことができず、さらにPlayStation Moveの純粋な体験やインタラクティブな利便性が加わっている。しかしWiiではほとんど気にならなかった基本的なセットアップやキャリブレーションなどの問題には苦労させられた。


PCMag: 4/5
長所: 正確なモーションセンシング。高度なモーション操作を体験できる楽しいタイトルがバンドル。短所: ローンチタイトルはおそらくカジュアルゲーマーにしか受けない。結論: ソニーはモーションゲーミングを最初に築いたわけではないが、PlayStation Moveの技術はWiiを乗り越えている。これから開発者達がシステムを開拓し、より説得力のあるゲームを生み出せば、真の勝者が現れることになる。


Joystiq:
2つのコントローラとナビコンを含む全てのセットを発売日に買うべきだろうか?答えは「ノー」。だが幸運なことにソニーはMoveに対応するビッグタイトルの計画を持っている。Killzone 3やSOCOM 4、そしてファースト及びサードパーティー既存タイトルへのパッチ対応。2010年の終わりか、あるいは2011年の初めにMoveがPS3オーナーにとってMust-Haveかを聞かれたら、私は答えは「イエス」に変わると思う。


Kotaku:
長所
* Wiiモーションプラスに勝るモーション操作の精度。
* 強力なローンチタイトルのラインナップ。
* 持ちやすいデザイン、押しやすい中央のMoveボタンや背面のトリガーボタン。
* モーション操作を認識するための先端のラバーボール部分はゲームの状況に合わせて色が変化。今後のゲームにおいてちょっとした可能性がある。
* Start the Party、EyePet、Sports Championsといったゲームで使われているAugmented Reality(拡張現実)の要素。
* 本体とカメラを既に所持していれば50ドルで手に入る。本体バンドルやMoveバンドルなど多彩な購入オプション。
* 充電可能な内蔵バッテリー搭載。USBコードでMoveコントローラを充電できる。

短所
* 頻繁なキャリブレーションの調整。
* □、○、△、×ボタンの配置が通常のコントローラと異なるため操作しづらい。
* トリガーボタンを押しながら行うXMBの操作は改善の余地あり。


Ars Technica:
Moveは全てのユーザーに向けたものではないが、私はしばらくの間プレイしていて、もはやWiiに戻るのは難しくなった。Moveはより正確で、幅広いモーション操作を提供し、PS3は強力なグラフィック能力を持っている。


IncGamers: 9/10
最初はまるでWiiを遊んでいるかのように感じられるが、カメラの使用やボタンの追加によってモーションコントロールの次なる進化であることが感じられるだろう。さあ次はKinectが何をできるかをMicrosoftが披露する時だ。

* * * * * * *




レビューの傾向を見てみると、キャリブレーション設定やボタン配置など細かな問題点の指摘はあったのものの、ハードウェアとしては全体的にかなり高い評価となっているようです。一方でローンチタイトルにハードのセールスを引っ張るようなキラーソフトが存在しないことや、カジュアル系タイトルばかりなのが問題として挙げられており、今後登場する大型の対応タイトルや人気タイトルへのパッチ対応が期待されています。

IGNを初め一部の海外ゲームサイトではPlayStation Move対応ソフトのレビューもさっそく掲載されているので気になる方は確認しておきましょう。

PlayStation Moveは国内で2010年10月21日に発売予定です。(ソース: VG247, Yahoo! Games UK, PS3Vault, Ars Technica)


【関連記事】
SF映画のようなブラウジングも?『PlayStation Move』最新テクノロジーデモ映像
PlayStation Moveに対応した『MAG』ゲームプレイ映像
Best of gamescom 2010受賞作品が発表!『GT5』『Move』『Crysis 2』他
気分はまさに魔法使い!PlayStation Move専用アクション『Sorcery』最新トレイラー
Moveを使った操作も!『Killzone 3』gamescom直撮りゲームプレイ映像
Move対応のPS3『DanceDanceRevolution』gamescom用デビュートレイラー
多人数オンラインFPS『MAG』のPlayStation Move対応が発表
セガ、Moveと3Dに対応した『Virtua Tennis 4』をPS3向けに発表
PlayStation Move対応版『Heavy Rain』のスクリーンショットが初公開
撃って撃って撃ちまくれ!Move専用タイトル『The Shoot』直撮りゲームプレイ映像
北米でMoveと専用ソフト同梱のPS3本体バンドルパックが発表
Ubisoft『R.U.S.E.』のPlayStation Move対応を確認、Kinectへの対応予定は無し
海外レビュー番外編: 話題の新モデル『PSP go』の評判は…?
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

    プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

  2. PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

    PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

  3. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

    PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  4. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  9. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  10. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top