EDF!は遠かった? ボックスアートで見る、海外版『地球防衛軍』シリーズ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EDF!は遠かった? ボックスアートで見る、海外版『地球防衛軍』シリーズ

家庭用ゲーム Xbox360

海外から最新作と思われるEarth Defense Force: Insect Armageddonの情報が出てきたことで、国内外のファンから地球防衛軍シリーズが再び注目を集めています。

海外でも熱心なファンを抱える本シリーズは、日本同様にPS2で2本、Xbox 360で1本発売されていますが、EDFの道のりは決して平坦なものではありませんでした。ここでは、日本版と海外版のボックスアートを見ながらEDFの歴史を簡単に振り返ってみたいと思います。






SIMPLE2000シリーズとして発売された『THE 地球防衛軍』は、PAL地域ではagetecより2004年に発売(北米では未発売)。今でこそ海外名として認知されている“Earth Defense Force”はいっさい見当たらず、“Monster Attack”という「地球を防衛する」ことよりも「モンスターが攻撃する」ことに主眼が置かれた名前となってしまいました。






続編の『THE 地球防衛軍2』もPAL地域でのみ発売。今度はEssential Gamesがパブリッシャーを担当、パッケージ絵はかなり共通するものがありますが、タイトルは“Global Defence Force”となり、EDFには後一歩及ばず。ちなみに『THE 地球防衛軍タクティクス』もGlobal Defence Force Tacticsです。






Xbox 360で発売された三作目は北米と欧州で、ついにD3パブリッシャーから発売。“Earth Defense Force 2017”で念願のEDF!を獲得しただけでなく、タイトル隅に日本語名も記載するという万全の体制(画像はPAL版)。絵がリアル系になるのはお決まりの流れでしょうか。

パブリッシャーの意向によりMA、GDF、2017と歩んできた地球防衛軍。最新作と噂されるInsect Armageddonが果たしてどんなゲームになるのか? そしてどんなボックスアートになるのか? 楽しみに待ってみましょう。(ソース: Wikipedia)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  2. ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

    ソニーストア、PlayStation VRを2月25日8時30分より再販

  3. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる

    ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる

  4. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  5. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  6. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  7. 国内XB1下位互換機能に『ボーダーランズ 2』などが追加

  8. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  9. 『FFXV』限定特典の『A KING'S TALE: FFXV』が配信未定に

  10. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top