ハードコアゲーマーのためのWebメディア

FPSゲームでよくある動作を現実で試したら痛かった

ゲーム文化 カルチャー

多くのFPSゲームでは“後ろ向きに走りながら銃を撃つ”という動作が可能ですが、果たしてこれは現実世界で可能な動作なのでしょうか。実際にそれを試して見たという読者投稿が海外ゲームサイトGiant Bombに届けられたとの事なので、早速その体験談を見てみましょう。

今回、後ろ向きに走りながら撃つという動作にチャレンジしたのは海外ゲーマーのBob Ruffさん。実験方法は全速力で後ろ向きに走りながら、散弾銃で的を狙うというもの(的は土の詰まったバケツに立てられたホウキ)。

気になる実験結果は…“70%の確率で転倒し、頭部と背中を負傷”というものでした。この結果を踏まえて彼は「FPSゲームは後ろ向きに走る事が無益となるデザインにするよう、ゲームデザイナーおよびプログラマーを説得する事が私達の義務であると信じています」と語っています。

もし、後ろ向きに走ったら70%の確率で転倒して体力が減る、なんてFPSゲームがあったらどうでしょうか。何度も転ぶとイラっと来ますが、ちょっとプレイしてみたい気もしますね(笑)。

自らの身を持って実験を行った、勇敢な(ある意味ではおバカな)Bob Ruffさんに拍手です。なお読者の方々は決して彼のマネをしないよーに!
(ソース: Kotaku)


【関連記事】
北朝鮮 VS レジスタンスの32人対戦!『Homefront』マルチプレイトレイラー
Freddie Wong氏の新作映像2本立て!『ロケットジャンプをリアルで再現』『未来のRock Band』
Aimbotをリアルで再現した彼らが今度は『タイムクライシス』をリアルで再現
超反応でヘッドショット連発!FPSゲームのチート“Aimbot”をリアルで再現
《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 豪華クルーズ船が会場の超ゴージャスな『Dota 2』大会「Nanyang Championship Cruise Cup」10月開催へ

    豪華クルーズ船が会場の超ゴージャスな『Dota 2』大会「Nanyang Championship Cruise Cup」10月開催へ

  2. Ubisoftが海外向け書籍部門を設立、第1弾はジャンヌ・ダルク登場の小説版『アサクリ』

    Ubisoftが海外向け書籍部門を設立、第1弾はジャンヌ・ダルク登場の小説版『アサクリ』

  3. Oculusラッキー氏、非公式政治団体関与の報道に対し声明―一部を認める

    Oculusラッキー氏、非公式政治団体関与の報道に対し声明―一部を認める

  4. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  5. デンマーク産アニメ風2DパズルADV『Forgotton Anne』発表!―シームレスなシネマティック体験が特色

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『Dota 2』アンチメイジ&ウィンドレンジャーがfigmaに登場!プレイヤー特典も付属

  8. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

  9. 『RimWorld』のAIストーリーテラーにラヴクラフトを追加するModが登場―宇宙的恐怖に耐えられるか…

  10. 地獄が溢れだしたような悪夢…謎の新作『Year Of The Ladybug』が制作進行中

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top