ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外アーティストによる超生リアルな『ポケモン』ファンアート20体

ゲーム文化 カルチャー



マニアックなグッズコレクションからコスプレに始まり、遂に実写映画化されてしまうなど、海外でもゲームファンに広く親しまれるポケモンですが、またまた常軌を逸するファンアートが見つかりました。カリフォルニア出身のアーティストGavin Mackeyさんの手によるこれらの作品は、可愛らしい容姿のポケモン達が、ちょっぴりグロテスクかつ生々しい姿の、本当の意味で「モンスター」となって描かれています。







































(ソース&イメージ: deviantART *SoupAndButter via Dorky)


【関連記事】
シリアスな実写ポケモン映画『Pokemon Apokelypse』完全版トレイラー
本日の一枚 『ポケットモンスターB/Wのクリーピーな新御三家』
三台のGBA SPでポケモンをする海外ゲーマー、色違いポニータの出現で絶叫、の動画
シンプルながらちょっとオシャレな、100枚以上のポケモン壁紙
1万2000個以上のポケモングッズを集めた女性ファンがギネス世界記録に認定
本日の一枚 『ロケット団のコスプレでキメた海外ポケモンファン』
《Rio Tani》

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  6. 実写のような空気感!『GTA V』ビジュアルMod「NaturalVision」が公開

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  9. チートじゃないから!『Overwatch』17歳の韓国女性プロが実演プレイで不正疑惑を晴らす

  10. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top