ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveが『Dota 2』を正式発表、ディテールやアートワークが公開

PC Windows



本日Valveは、インディーデベロッパーIceFrogの手がける新作タイトルDota 2を正式に発表しました。プレスリリースに直接名前は記載されていないものの、本作はBlizzardのRTS Warcraft IIIの人気カスタムマップとして知られるDefense of the Ancients(DotA)の続編的な存在で、PCとMacを対象に2011年発売予定です。

独占取材を行ったGame Informerでは、キャラクターアートワークやいくつかのゲームディテールが公開されているので、その内容を以下にまとめました。

* ゲームプレイはオリジナルのDotA-Allstarsからほとんど手が加えられていない(あるいは手を加える必要がなかった)。

* DotA-Allstarsの100種類以上のヒーローは全て登場する。

* アイテム、スキル、アップグレードツリーも変更なし。

* 改良を加えたValveのSourceエンジンを採用。

* 統合されたボイスチャット機能を搭載。

* ディスコネクトしたプレイヤーはAI Botが操作を代理。

* トレーニングマッチでAI相手にプレイが可能(オリジナルはAI Botに非対応)。

* ビジュアルはWarcraft IIIのカートゥーン調のスタイルを継承している。

* マップのディテール、スキルのエフェクト、ヒーローのアニメーションといった部分の強化に大人数のアートチームが取り組んでいる。

* 大量のカスタムボイスワーク。

* 改良されたSteamWorksを使ったコミュニティー向けの新たなゲームプレイ要素。Dota 2発売時にはこのSteamWorksnのアップグレードが開発者に提供される。

* スキルベースのマッチメイキングシステムを準備している。

* 初心者のためにゲーム中何をすれば良いのかを指示してくれるインタラクティブなガイド機能を用意している。

* 上級プレイヤーが初心者のプレイを見守り、プライベートボイスチャットで指導できるコーチングシステムを用意している。

* Team Fortress 2のように、バランス調整、追加アイテム、新たなマッチタイプなどを無料でリリースしていく。









Blizzardのゲームを基にしたMod作品が、Valveによって正式にゲーム化されるという、これまでにない背景を持つ本作。同じDotaクローン作品を手がける元開発仲間からは、IceFrog氏のValve移籍に対して反発の動きも出ており、色々な意味で今後も注目を集めることになりそうです。(ソース&イメージ: Game Informer)


【関連記事】
Game InformerにてValveの新作『DOTA』プロジェクトが明日正式公開
Valveが『DOTA』を商標登録、公式発表の日は近い?
『Duke Nukem』の声優がValveの『DotA』関連プロジェクトに参加
ValveがWC3の人気Mod『DotA』の制作者をスカウト、新プロジェクトに着手
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

    PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  2. 開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

    開発8年!繊細ドット絵2Dアドベンチャー『Owlboy』がいよいよ配信される

  3. 頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

    頼もしいダンボール装備も!『Killing Floor 2』大規模アップデート配信

  4. ググるだけで遊べる!Googleが「ソリティア」「マルバツゲーム」を公開

  5. 『タイタンフォール2』マルチプレイテストはPS4/XB1のみ対象として実施

  6. Steam版『超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1』が国内で解禁!日本語UI/字幕も追加

  7. ボトル&キャッピーが紹介!『Fallout 4: Nuka-World』海外向けテーマソング映像

  8. 『オーバーウォッチ』PTRでハンゾーとソルジャー76が調整―次期アップデート

  9. 幻想探索記『Obduction』ローンチ映像―金字塔『Myst』クリエイター最新作

  10. 『Evolve Stage 2』に初のCo-opストーリーミッション「The Deepest Dark」が来た!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top