『グランツーリスモ5』の延期はファームウェアが原因?−海外で新たな説が浮上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『グランツーリスモ5』の延期はファームウェアが原因?−海外で新たな説が浮上

家庭用ゲーム PS3

SCEからは「制作上の都合」、山内一典氏からは「複雑なシステムを落ち着かせるのに手間がかかった」と伝えられていたグランツーリスモ5延期ですが、海外サイトで新たな噂が持ち上がっているようです。

ソニーと関係を持つある人物がBlu-Ray.comのフォーラムで明かした内容によれば、グランツーリスモ5はファームウェアのバージョンが3.41の開発キットで完成間近の状態だったそうですが、10月以降バージョン3.50の開発キットの使用が義務付けられたため、直前になってアップデートに一週間ほどを要するという事態に。

そして、既に生産の準備が出来ていた製造側は、この急なスケジュール変更に対応するのが難しく、ソニーは700万本以上のソフトを生産できる3週間分の日程を再度確保する必要が生じ、結果的に延期という決断が下った模様です。

この情報を漏らした人物は、「(延期について)もし誰を責めたいなら、ハッカーや著作権侵害者を責めるべき」と指摘。ファームウェア3.41以前に開発キットに制約が設けられたことはなかったと話していたそうです。

これらの投稿内容は既にフォーラムから削除されており、ソニーから公式な回答も発表されていないため、全て完全な噂扱いです。

尚、SCEEの発表によると、グランツーリスモ5の新しい発売日は今月末にも発表予定で、クリスマスまでには発売されるということです。(ソース: Eurogamer: GT5 delay due to PS3 hack?)


【関連記事】
今崎氏: 『グランツーリスモ5』の延期が決まったのは昨日
『グランツーリスモ5』が2010年ホリデーシーズンに発売延期
PS3の最新ファームウェアv3.50がリリース、Blu-ray 3Dに対応
TGS 10: PS3の最新ファームウェアv3.50が来週リリース、Blu-ray 3D再生に対応
《Rio Tani》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

    『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

  2. 『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!

    『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!

  3. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  4. 『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

  5. 新たな脅威が訪れる…DC格ゲー『Injustice 2』ストーリートレイラー!―新スクリーンも披露

  6. PlayStation UK、Twitterアカウントの重力が反転!『GRAVITY DAZE 2』らしさ満点のプロモーションに

  7. ニンテンドースイッチ版『Borderlands 3』の可能性は低い―GearboxCEO談

  8. フィル・スペンサーらMS担当者が「ニンテンドースイッチ」にコメント

  9. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  10. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top