Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏

家庭用ゲーム Xbox360

宣伝キャンペーンに約5億ドルの費用が投じられるというMicrosoftのKinectですが、開発面においても莫大な予算や労力が注ぎ込まれているようです。

Microsoftインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の社長Don Mattrick氏がNew York Timesに伝えたところによると、Kinectは最初のプロトタイプを開発するのに3万ドルのコストが掛かったそうですが、1000名の従業員がプロジェクトに参加し、最終的に150ドルで販売して利益を生み出せるところまでコストダウンが実現できたとのこと。

具体的な数字ははっきりしていないものの、Mattrick氏はKinectの開発に何億ドルもの予算を投入したことを明らかにしています。

Kinectは北米で2010年11月4日に、国内で11月20日にローンチ予定です。(ソース: New York Times via CVG: MS spent $100s of millions developing Kinect)


【関連記事】
Kinectの北米用公式TVCM映像が公開!『ソニック』のトレイラーも
MicrosoftがKinectのローンチタイトルを発表、マーケティングに5億ドルを投入
英国小売店GAMEでKinectが完売、Amazon.ukでは予約がストップ
Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない
Kinectの国内ローンチが11月20日に決定!価格は14,800円
Kinect専用タイトル『Kinect Sports』と『JoyRide』の最新トレイラーが公開
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. マイニンテンドーストアが徐々に復旧、商品も一部予約可能

    マイニンテンドーストアが徐々に復旧、商品も一部予約可能

  2. 『レインボーシックス シージ』新DLC「Operation Velvet Shell」海外向け映像公開

    『レインボーシックス シージ』新DLC「Operation Velvet Shell」海外向け映像公開

  3. デルトロ監督は『DEATH STRANDING』開発に参加せず―「キャラクター出演のみ」と明言

    デルトロ監督は『DEATH STRANDING』開発に参加せず―「キャラクター出演のみ」と明言

  4. マイニンテンドーストアのNintendo Switchカスタマイズ本体、予約終了

  5. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

  6. PS4/Xbox One/PC版『鉄拳7』各種特典情報―予約特典は追加キャラ「エリザ」!

  7. 『Mass Effect Andromeda』のAccess体験版は製品版に引き継ぎ可

  8. 『DOA Xtreme 3』PSVR専用モード「VRパラダイス」1月24日配信―製品版所持者は期間限定で無料

  9. PS4/Xbox One/PC版『鉄拳7』の発売日が決定!―新トレイラーも披露

  10. 過去任天堂ハードの海外ローンチタイトル本数は?ニンテンドースイッチと比較

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top