Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Kinectの初期プロトタイプの開発コストは3万ドル−Don Mattrick氏

家庭用ゲーム Xbox360

宣伝キャンペーンに約5億ドルの費用が投じられるというMicrosoftのKinectですが、開発面においても莫大な予算や労力が注ぎ込まれているようです。

Microsoftインタラクティブエンターテイメントビジネス部門の社長Don Mattrick氏がNew York Timesに伝えたところによると、Kinectは最初のプロトタイプを開発するのに3万ドルのコストが掛かったそうですが、1000名の従業員がプロジェクトに参加し、最終的に150ドルで販売して利益を生み出せるところまでコストダウンが実現できたとのこと。

具体的な数字ははっきりしていないものの、Mattrick氏はKinectの開発に何億ドルもの予算を投入したことを明らかにしています。

Kinectは北米で2010年11月4日に、国内で11月20日にローンチ予定です。(ソース: New York Times via CVG: MS spent $100s of millions developing Kinect)


【関連記事】
Kinectの北米用公式TVCM映像が公開!『ソニック』のトレイラーも
MicrosoftがKinectのローンチタイトルを発表、マーケティングに5億ドルを投入
英国小売店GAMEでKinectが完売、Amazon.ukでは予約がストップ
Kudo Tsunoda氏: PCでFPSをプレイする人はもうほとんどいない
Kinectの国内ローンチが11月20日に決定!価格は14,800円
Kinect専用タイトル『Kinect Sports』と『JoyRide』の最新トレイラーが公開
米国でKinectの体験ツアーがスタート、大量のプレイ動画が公開
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

    プレイヤーの個性を引き出す『フォーオナー』カスタマイズ要素紹介映像

  2. PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

    PS4『Horizon Zero Dawn』は800万本売れる―海外調査会社

  3. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

    PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  4. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  9. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  10. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top