ハードコアゲーマーのためのWebメディア

動画で見る『最も血生臭い格闘ゲーム』TOP7

ニュース 最新ニュース

海外サイトGamesRadarにて“最も血生臭い格闘ゲーム TOP7”が特集されています。本記事ではそれらのゲームを動画と共にご紹介。当然の事ながら血まみれな動画ばかりなので、グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

* * * * *

7位: Mortal Kombat

残虐格闘ゲームの元祖と言える本作もこのランキングでは7位。
KOした相手にトドメを刺す“フェタリティ”は多くの人に衝撃を与えました。

6位: Weaponlord

コンボで様々なトドメの刺し方ができる“デスコンボ”が特徴。
頭で遊ぶな!

5位: Primal Rage

怪獣版Mortal Kombatと言ったところか。
ちなみに足元にうろつく怪獣を崇める信者を喰って体力を回復できます。

4位: Thrill Kill

ヤバすぎる内容から発売禁止になったゲーム(残虐表現よりもキャラクターがヤバイ)。
発売中止後、ゲームシステムをそのまま流用したWu-Tang: Shaolin Styleが制作された。

3位: Kasumi Ninja

タイトルから怪しさ満点な勘違い日本。
Mortal Kombatのヒットに便乗しようとしたらしい。

2位: Blood Storm

Mortal Kombatのようなトドメ技多数。
本作の特徴は試合中に四肢がもげても戦える事。

1位: Timeslaughter


なんかもう色々とヤバイ。
ちなみに床は最初から赤いのではありません。全部血です。

* * * * *

今となっては発売できないようなゲームが多数。いずれも残虐極まりないですが、表現がハチャメチャ過ぎてもはやギャグの領域に入ってしまっています(笑)。こういったダークで笑えるゲームは失われてほしくないですね…。
(ソース&ビデオ: Gamesradar)


【関連記事】
動画で見る『感情を揺さぶられるゲームキャラの死』TOP10
『Manhunt 3』がPlayStation 3で発売!?Moveにも対応との噂
実写映画版『モータルコンバット』の第3作目が9月にも撮影開始?
過激なゲームプレイシーンが満載! 『Postal III』最新トレイラー
閲覧注意! 動画で見る『最も過激な残虐ゲーム』TOP10
『最も血生臭いゲームの死』TOP10
バイオレンスなゲームTOP10
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

    終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  2. 『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

    『Burnout』のクリエイターが新作ドライビングゲームの開発に着手!

  3. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

    『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  4. 噂:実写映画版『ディビジョン』、「オデッセイ」ジェシカ・チャステインと出演交渉中か

  5. CRI・ミドルウェア、SIE主動の中国ゲーム開発サポートプロジェクト「China Hero Project」に参画

  6. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  7. 神戸市、『ポケモンGO』の対応を発表―プロジェクトチームや有識者会議の設置、大学に調査委託など

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. コンバットオンライン『War Thunder』国内向けサービス内容が公開―豪華声優もお披露目

  10. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top