“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『塊魂』の高橋慶太氏: 日本のゲーム業界はまるでゾンビ

November 24, 2010(Wed) 08:59 / by Rio Tani

今年9月頃にバンダイナムコゲームスを退社、10月には自身のブログで独立を発表していた「塊魂」のゲームクリエイター高橋慶太氏。海外マガジンのインタビューで、日本のゲーム業界について気になる発言をしているようです。

高橋氏はGamesTMのインタビューに対し、日本のゲーム業界はいったんどん底まで落ちない限り、何をすれば良いのか、あるいは何が間違っているのかを見出すことができないと指摘。しかし、いつまでも底に辿りつかないため「永遠に死なないゾンビのようだ」と表現しています。

また、日本の業界が低迷している原因について、続編ものばかりに力を入れる傾向があることや、純粋なオリジナリティーを持つゲームが少なすぎることを問題点として挙げています。(ソース: Develop: Takahashi: Japan 'a zombie that won't die')


【関連記事】
『塊魂』の高橋慶太氏がバンダイナムコゲームスを退社−海外サイト報道
海外サイトが選ぶ『ゲーム業界で起こっていた知られざる20の出来事』
稲船氏が日本ゲーム市場の将来を危惧、カプコンの対抗策とは
Game*Sparkリサーチ『最もガッカリした続編』結果発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image