“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

“まだ大きな魅力がある” Activisionがトニーホークシリーズを続ける意向を明らかに

December 10, 2010(Fri) 00:01 / by Round.D

先日にはスケボーゲームの将来に対して苦言を呈していたSkateシリーズのEA。対してスケボーゲームの老舗とも言うべきTony Hawkシリーズで知られるActivisionは、今後もシリーズを続けて行く意向を示しているようです。

北米では10月26日にPS3/Xbox 360/Wiiのマルチプラットフォームで発売されたシリーズ最新作Tony Hawk: Shred。前作に引き続き専用ボードを使用する本作ですが、NPDが公開したセールスデータによれば、米国における発売週の販売本数は3000本のみに留まるなど、その結果はあまり好調とは言えない出足となっています。

しかしながらActivision PublishingのCEOであるEric Hirshberg氏は、Tony Hawk Shredに終止符を打つのはまだ早いとして、プレゼントシーズンのこの時期に更なる販売本数の伸びを期待。またTony Hawkにはまだ人々に訴えかける大きな魅力があるとして、マイケル・ジョーダンの様なパワーや外見を持った不動のアイコン(象徴)的存在と称しています。

このシーズンで売上の回復が見込めたとしても、Hirshberg氏は過去2作が予想よりもヒットしていない事を認識しているようで、“ユーザーのイマジネーションを取り戻す新機軸という観点から、賢い行動をするべきである”と今後のシリーズに対するコメントを残しています。(ソース: Shacknews , CVG)

【関連記事】
EA Games社長: シングルプレイ専用のゲームは終わった
噂: EA Canadaによって『SSX』新作が開発中、“原点回帰”を銘打つ内容に
“スケボーゲームの全盛期はもう終わった”Electronic ArtsのCEOがコメント
スケートしながらクリエイト!『Shaun White Skateboarding』ティザートレイラー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image