ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

“あのゲームは完全に盗作”―Capcomの『MaXplosion』に開発者が非難の声

January 12, 2011(Wed) 21:36 / by Kako


※UPDATE (2011/1/14 11:00): 盗作の疑いがある件に関してCapcomから正式コメントが発表されました。

* * * * * * *


2009年にXbox Live アーケードで配信され、高い評価とセールスを記録した2.5Dアクション、'Splosion Man。開発のTwisted Pixelが、とある作品に対し盗作だとして非難の声を上げています。

そのタイトルが、AppStoreでiPhoneなど向けに配信されている、MaXplosion。発売元はCapcom Europeです。この作品に対し、Twisted PixelのプログラマーであるMike Henry氏は、Twitterで以下のような言葉を残しています。

“MaXplosionのゲームプレイ映像を見ると悲しくなる。もし徹底的にゲームを盗もうとするなら、少なくとも何が楽しさのポイントなのか、分かってなきゃいけないのに。”

“借用(borrowing)なら良いさ。ちきしょう、僕らだっていつもそれをしてる。しかしあのゲームは、完全な盗作(theft)だよ。”

これに呼応して、同開発の創設者であるMichael Wilford氏もこんなツイートを残しています。

“MaXplosionについてなんていうべきかよく分からない。いらいらするよ。”

“最高なのは、当初我々はCapcomに'Splosion Manを売り込んだってこと。彼らはノーと言ったけどね。”

“子どもの頃のCapcomはずっと好きだった。だけど何だってこんな変わってしまった?”

“CapcomがComic Humperを出すのが待ちきれない!”
(※Comic JumperもTwisted Pixelの作品)

ゲームデザインだけでなく、“explosion(爆発)”をモチーフにしたタイトルや設定でも類似が指摘される'Splosion ManとMaXplosion。件のTwitterは、Twisted Pixelの公式も含めてこの話題が続いています。続編となるMs. Splosion Manが今秋発売予定ですが、それまでにこの話題がどういった決着を見せるのか(あるいは見せないのか)注目です。



(ソース: Eurogamer: Capcom's MaXplosion is "complete theft")


【関連記事】




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image