“あのゲームは完全に盗作”―Capcomの『MaXplosion』に開発者が非難の声 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“あのゲームは完全に盗作”―Capcomの『MaXplosion』に開発者が非難の声

家庭用ゲーム Xbox360


※UPDATE (2011/1/14 11:00): 盗作の疑いがある件に関してCapcomから正式コメントが発表されました。

* * * * * * *


2009年にXbox Live アーケードで配信され、高い評価とセールスを記録した2.5Dアクション、'Splosion Man。開発のTwisted Pixelが、とある作品に対し盗作だとして非難の声を上げています。

そのタイトルが、AppStoreでiPhoneなど向けに配信されている、MaXplosion。発売元はCapcom Europeです。この作品に対し、Twisted PixelのプログラマーであるMike Henry氏は、Twitterで以下のような言葉を残しています。

“MaXplosionのゲームプレイ映像を見ると悲しくなる。もし徹底的にゲームを盗もうとするなら、少なくとも何が楽しさのポイントなのか、分かってなきゃいけないのに。”

“借用(borrowing)なら良いさ。ちきしょう、僕らだっていつもそれをしてる。しかしあのゲームは、完全な盗作(theft)だよ。”

これに呼応して、同開発の創設者であるMichael Wilford氏もこんなツイートを残しています。

“MaXplosionについてなんていうべきかよく分からない。いらいらするよ。”

“最高なのは、当初我々はCapcomに'Splosion Manを売り込んだってこと。彼らはノーと言ったけどね。”

“子どもの頃のCapcomはずっと好きだった。だけど何だってこんな変わってしまった?”

“CapcomがComic Humperを出すのが待ちきれない!”
(※Comic JumperもTwisted Pixelの作品)

ゲームデザインだけでなく、“explosion(爆発)”をモチーフにしたタイトルや設定でも類似が指摘される'Splosion ManとMaXplosion。件のTwitterは、Twisted Pixelの公式も含めてこの話題が続いています。続編となるMs. Splosion Manが今秋発売予定ですが、それまでにこの話題がどういった決着を見せるのか(あるいは見せないのか)注目です。



(ソース: Eurogamer: Capcom's MaXplosion is "complete theft")


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

    『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  2. 新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

    新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

  3. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

    現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  6. 高速シューター『Nex Machina』プレイ映像!―『スマッシュT.V.』開発者と『RESOGUN』開発元のコラボ

  7. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  8. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  9. 【特集】『バトルフィールド1』オリジナルエンブレムの作り方―手順をガイド

  10. 『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top