ハードコアゲーマーのためのWebメディア

LA Times: 『Modern Warfare 3』はIWとSledgehammerが共同で開発、11月に発売

ニュース 最新ニュース

その開発スタジオやゲーム内容に関して、これまで様々な説が飛び交っているCall of Dutyフランチャイズの最新作ですが、米国大手メディアLA TimesがActivisionの内部事情をよく知る人物から入手した新たな情報を報じています。

それによると、シリーズ最新作となるCall of Duty: Modern Warfare 3は、Infinity WardがSledgehammer Gamesの協力の下で既に制作段階にあり、2011年11月の発売が見込まれるとのこと。Call of Duty 4: Modern Warfareは2007年11月に、Modern Warfare 2は2009年11月に発売されており、その2年おきの発売サイクルに従う形になるようです。

また、Infinity WardとSledgehammer Gamesが担当しているのはゲームのシングルプレイ部分で、マルチプレイヤーモードは最近Activisionによって買収されたRaven Softwareが担当しているのだとか。

一方、以前も噂になったSledgehammer手掛けるCall of Dutyのスピンオフタイトルは、同スタジオがModern Warfare 3の開発支援に回ったことから、制作開始の延期を余儀なくされたと伝えられています。

果たしてこれらの情報のうちどこまでが真実なのか知るすべはありませんが、Modern Warfare 3の11月発売が事実なら、正式発表されるのは時間の問題かもしれません。(ソース: LA Times: Activision calls in reinforcements for next Call of Duty game via Destructoid)


【関連記事】
人気シリーズ『Call of Duty』の“次回作”はSledgehammerが開発中
噂: Sledgehammerの新作『Call of Duty』にはスペースマリーンが登場
アナリスト: Sledgehammerは『Modern Warfare 3』を開発している
Sledgehammerが手掛ける新作『Call of Duty』のディテールが一部判明
Infinity Wardが『Call of Duty 4: Modern Warfare』の前編となる新作を開発中?
Activision、4億ドルの損害賠償を求めてEAを訴訟−Infinity Ward事件で
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

    PSNで本名の「ジハード」をアカウント名に使っていたゲーマーがBAN―世界情勢の変化がもたらした災難

  2. 『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

    『E3 2016現地レポート』TOP20―小島監督『バイオ7』『BF1』『Days Gone』他

  3. 『Batman: Return to Arkham』海外発売が延期―新たな発売日も未定に

    『Batman: Return to Arkham』海外発売が延期―新たな発売日も未定に

  4. 自動車企業フォード特約店、インディーゲーム画像を盗用か―本社は関連を否定

  5. 『ストV』M・バイソン参戦海外向けトレイラー!ジュリ&ユリアンの姿も

  6. F2PメックFPS『Hawken』のPS4版がとうとう海外配信日決定

  7. ハリウッド映画版『マインクラフト』海外で2019年5月に公開決定!

  8. 『FIFA 17』に「J1リーグ全18クラブ」フル収録―日本人選手がFrostbiteで描かれる!

  9. 狂気の話題作『Year Of The Ladybug』初のトレイラーまもなく公開

  10. 非対称マルチプレイサバイバルホラー『Dead by Daylight』が発表―殺人鬼vs4人の男女

アクセスランキングをもっと見る

page top