LA Times: 『Modern Warfare 3』はIWとSledgehammerが共同で開発、11月に発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

LA Times: 『Modern Warfare 3』はIWとSledgehammerが共同で開発、11月に発売

ニュース 最新ニュース

その開発スタジオやゲーム内容に関して、これまで様々な説が飛び交っているCall of Dutyフランチャイズの最新作ですが、米国大手メディアLA TimesがActivisionの内部事情をよく知る人物から入手した新たな情報を報じています。

それによると、シリーズ最新作となるCall of Duty: Modern Warfare 3は、Infinity WardがSledgehammer Gamesの協力の下で既に制作段階にあり、2011年11月の発売が見込まれるとのこと。Call of Duty 4: Modern Warfareは2007年11月に、Modern Warfare 2は2009年11月に発売されており、その2年おきの発売サイクルに従う形になるようです。

また、Infinity WardとSledgehammer Gamesが担当しているのはゲームのシングルプレイ部分で、マルチプレイヤーモードは最近Activisionによって買収されたRaven Softwareが担当しているのだとか。

一方、以前も噂になったSledgehammer手掛けるCall of Dutyのスピンオフタイトルは、同スタジオがModern Warfare 3の開発支援に回ったことから、制作開始の延期を余儀なくされたと伝えられています。

果たしてこれらの情報のうちどこまでが真実なのか知るすべはありませんが、Modern Warfare 3の11月発売が事実なら、正式発表されるのは時間の問題かもしれません。(ソース: LA Times: Activision calls in reinforcements for next Call of Duty game via Destructoid)


【関連記事】
人気シリーズ『Call of Duty』の“次回作”はSledgehammerが開発中
噂: Sledgehammerの新作『Call of Duty』にはスペースマリーンが登場
アナリスト: Sledgehammerは『Modern Warfare 3』を開発している
Sledgehammerが手掛ける新作『Call of Duty』のディテールが一部判明
Infinity Wardが『Call of Duty 4: Modern Warfare』の前編となる新作を開発中?
Activision、4億ドルの損害賠償を求めてEAを訴訟−Infinity Ward事件で
Activisionが元IW幹部を逆訴訟、『Modern Warfare 3』にも影響?
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

    『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

  2. Xbox定額制サービス「Xbox Game Pass」海外発表!100タイトル以上がいつでも

    Xbox定額制サービス「Xbox Game Pass」海外発表!100タイトル以上がいつでも

  3. 噂:『アサシンクリード』次回作とみられるスクリーン出現―エジプトが舞台?

    噂:『アサシンクリード』次回作とみられるスクリーン出現―エジプトが舞台?

  4. 『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」発表!135種類のカード追加

  5. 噂: HD版『シェンムーHD』は1と2のセットで2017年にリリースか

  6. 『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

  7. 噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

  8. 元EA Sports代表、プロサッカークラブ「リヴァプールFC」CEOに就任

  9. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  10. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top