ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Team NINJAが語る、3DSの『DOA Dimensions』と『スパIV 3D』の違い

携帯ゲーム DS

ニンテンドー3DSでのリリースを控えているコーエーテクモのDEAD OR ALIVE Dimensions。海外でも注目を集める本作について、Team NINJAの早矢仕洋介氏がVideogamerのインタビューに応えています。

3DSには3D表示の効果を調整する3Dボリュームがついていますが、それに関連して「3D表示を無くせば60fpsでゲームが動きます。ハードコアゲーマーはそれを楽しむことができるはず」「(3D効果と60fpsを)選ぶことができる、そういうオプションを提供しています」とし、バッテリー寿命を節約するために3D表示を切るという選択のメリットを挙げています。

また、対戦格闘ゲームとして同機種のスーパーストリートファイターIV 3D EDITIONに言及。以下のようなコメントでライバルとの違いを強調しています。

“(SFは)当初から、そして今も2Dの格闘ゲームです。しかし我々のデッドオアアライブは3Dの格闘ゲーム。2Dであることはストリートファイターの制限といえます。3D格闘ゲームとして、我々にはたくさんの可能性があり、それを3DSに反映させるのは自然なことです。”

“(SSFIV3Dには)フィギュアを使ったバトルがあります。我々は格闘ゲームジャンルにいるのに、それでは闘うということになりません! DoA: Dimensionsではすれちがい通信を、スタッツをトラッキングして交換するために使っています。それによって、プレイングの個性を記憶したアバター同士で対戦できるようになるのです。”


DEAD OR ALIVE Dimensionsは日本では3月24日発売予定。海外でも発売が予定されています。

(ソース: Videogamer, ビデオ: GameSpot)


【関連記事】




《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

    『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

  2. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

    スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  3. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  4. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  5. 通り魔事件で『ニンジャガイデン』を取り上げた日本のメディアが海外で激しく非難される

  6. コンパイル創業者の新作パズル『にょきにょき』は『ぷよぷよ』の問題点の解決策から生まれた

  7. 『Killzone Mercenary』がPS Vita TVに対応、DualShockによる操作が実現

  8. 海外レビュー灰スコア 『DEAD OR ALIVE Paradise』

  9. 本日の一枚 『ポケットモンスターB/Wのクリーピーな新御三家』

  10. 開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top