ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Team NINJAが語る、3DSの『DOA Dimensions』と『スパIV 3D』の違い

January 26, 2011(Wed) 20:33 / by Kako

ニンテンドー3DSでのリリースを控えているコーエーテクモのDEAD OR ALIVE Dimensions。海外でも注目を集める本作について、Team NINJAの早矢仕洋介氏がVideogamerのインタビューに応えています。

3DSには3D表示の効果を調整する3Dボリュームがついていますが、それに関連して「3D表示を無くせば60fpsでゲームが動きます。ハードコアゲーマーはそれを楽しむことができるはず」「(3D効果と60fpsを)選ぶことができる、そういうオプションを提供しています」とし、バッテリー寿命を節約するために3D表示を切るという選択のメリットを挙げています。

また、対戦格闘ゲームとして同機種のスーパーストリートファイターIV 3D EDITIONに言及。以下のようなコメントでライバルとの違いを強調しています。

“(SFは)当初から、そして今も2Dの格闘ゲームです。しかし我々のデッドオアアライブは3Dの格闘ゲーム。2Dであることはストリートファイターの制限といえます。3D格闘ゲームとして、我々にはたくさんの可能性があり、それを3DSに反映させるのは自然なことです。”

“(SSFIV3Dには)フィギュアを使ったバトルがあります。我々は格闘ゲームジャンルにいるのに、それでは闘うということになりません! DoA: Dimensionsではすれちがい通信を、スタッツをトラッキングして交換するために使っています。それによって、プレイングの個性を記憶したアバター同士で対戦できるようになるのです。”


DEAD OR ALIVE Dimensionsは日本では3月24日発売予定。海外でも発売が予定されています。

(ソース: Videogamer, ビデオ: GameSpot)


【関連記事】




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image