噂: Bungieの新規IPはMMOファーストパーソンシューター『Destiny』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Bungieの新規IPはMMOファーストパーソンシューター『Destiny』

PC Windows

Activisionと10年間に及ぶ販売契約を交わし、マルチプラットフォームの新規IPに取り組むBungieですが、海外サイトのKotakuが開発事情を知る人物から得た新たな噂によると、その新作のジャンルはMMOファーストパーソンシューターで、現在Destinyという名前で呼ばれているとのこと。

元Bungieの社員いわく、Destinyは“Tiger”なるコードネームが付けられ、Bungieが独自に開発したグラフィックエンジンに加え、ユニークなオンライン接続性やマッチメイキング技術を採用、“宇宙を舞台にしたWorld of Warcraft”とも言える内容になっているようです。

また同ソースは、Halo: Reachのプロジェクト完了に伴いBungieからおよそ30名の臨時社員が解雇されたことも伝えたそうですが、Bungieはこの報道内容を早々と否定。パブリッシャーのActivision Blizzardからスタッフの解雇が要求されることは決してないと主張しています。(ソース: Kotaku: 'Destiny' The Next Game From Halo Creators, Says Source, Bungie.net)


【関連記事】
新作タイトル名のヒントも…?Bungieが複数のドメインを登録
Bungieが公式サイトで新作タイトルのベータテスターを募集
Bungie、Activision新規IPのために独自のゲームエンジンを開発中
Activisoion、Bungie新作マルチプラットフォームタイトルの本格始動を報告
Bungieが『Halo: Reach』の開発完了を報告、新たな実績やForgeマップも公開
Activision: Bungieの完全新作はXbox 360、PS3、PC向けに発売
Bungie、マルチプラットフォーム新作がE3で公開の噂を否定
Bungie、PS3プラットフォームでの開発に自信のコメント
Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. 生き残りをかけて100人が殺し合う『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始!

    生き残りをかけて100人が殺し合う『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始!

  2. 「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

    「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

  3. 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

    【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

  4. 『シヴィライゼーション VI』更なる新文明「マケドニア」とアレキサンドロス大王登場!

  5. 『LoL』日本サーバー初の限定イベント「花見 ON THE RIFT」が3月24日から開催

  6. GOG.comのクライアント「GOG Galaxy」が正式版に―クラウドセーブに対応

  7. ゲーミングノートPC「Razer Blade」3製品が3月25日より国内販売開始、搭載SSDは最大1TB

  8. 『Arma 3』2017年度リリース予定のDLC紹介映像!―DLCセットの販売も開始

  9. 新作対戦サバイバルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始日決定

  10. PC版『ニーア オートマタ』Steamにて発売開始!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top