ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: Bungieの新規IPはMMOファーストパーソンシューター『Destiny』

PC Windows

Activisionと10年間に及ぶ販売契約を交わし、マルチプラットフォームの新規IPに取り組むBungieですが、海外サイトのKotakuが開発事情を知る人物から得た新たな噂によると、その新作のジャンルはMMOファーストパーソンシューターで、現在Destinyという名前で呼ばれているとのこと。

元Bungieの社員いわく、Destinyは“Tiger”なるコードネームが付けられ、Bungieが独自に開発したグラフィックエンジンに加え、ユニークなオンライン接続性やマッチメイキング技術を採用、“宇宙を舞台にしたWorld of Warcraft”とも言える内容になっているようです。

また同ソースは、Halo: Reachのプロジェクト完了に伴いBungieからおよそ30名の臨時社員が解雇されたことも伝えたそうですが、Bungieはこの報道内容を早々と否定。パブリッシャーのActivision Blizzardからスタッフの解雇が要求されることは決してないと主張しています。(ソース: Kotaku: 'Destiny' The Next Game From Halo Creators, Says Source, Bungie.net)


【関連記事】
新作タイトル名のヒントも…?Bungieが複数のドメインを登録
Bungieが公式サイトで新作タイトルのベータテスターを募集
Bungie、Activision新規IPのために独自のゲームエンジンを開発中
Activisoion、Bungie新作マルチプラットフォームタイトルの本格始動を報告
Bungieが『Halo: Reach』の開発完了を報告、新たな実績やForgeマップも公開
Activision: Bungieの完全新作はXbox 360、PS3、PC向けに発売
Bungie、マルチプラットフォーム新作がE3で公開の噂を否定
Bungie、PS3プラットフォームでの開発に自信のコメント
Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに
《Rio Tani》

特集

PC アクセスランキング

  1. 『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

    『H1Z1: King of the Kill』PC版が9月に正式版へ―PS4/X1版は開発一時停止

  2. 人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

    人間の直感の意味を問いかける一人称パズル『The Turing Test』が配信開始

  3. 『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

    『バトルフィールド1』インサイダー向けOBTが全機種で開始―エリート兵科出現方法も!

  4. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」海外版のロングゲームプレイ!

  5. 『YIIK』体験版が9月配信―『ペルソナ4』『マザー』などの要素色濃いインディーRPG

  6. 伝説的RPG続編『System Shock 3』のウォーレン・スペクターが語る展望

  7. Steamで『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」配信開始、日本語音声・字幕は未対応

  8. PC版『No Man's Sky』Steamストアでは「例外的な返金」認めず

  9. PC版『No Man's Sky』ローンチから半月でプレイヤー数が9割減―SteamSpy統計より

  10. 新たなインディー世紀末ストラテジー『Overland』のパブリックアルファ実施へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top