ハードコアゲーマーのためのWebメディア

今秋発売予定の『Batman: Arkham City』前作からバットギアのリセットは無し

PC Windows

Warner Bros.から今秋に発売が予定されているBatman: Arkham City。オープンワールドとなる本作では、マップの広さが前作の5倍となることや、シングルプレイ要素の重視が以前の情報で明らかにされていました。

開発を手掛けるRocksteadyは、本作ではバットギアの“リセットはしない”とコメントし、前作Batman: Arkham Asylumで集めたギアは一から集める必要はなく、初めからほぼ全てのギアを使うことが出来るそうです。

本作の舞台となるのはArkham Asylumの出来事から18か月が経過したArkham City、初めからバットマンのアクションをフルに活用して探索が楽しめそうですね。尚、Batman: Arkham Cityは国内でも発売が決定しています。(ソース: IGN via VG247)

【関連記事】
『Batman: Arkham City』海外Inside Xboxでゲームプレイ映像が“チラリ”と流れる
ジョーカー&ハーレイ!『Batman: Arkham City』最新スクリーンショットが4枚公開
シングルプレイ重視の為−『Batman: Arkham City』にマルチプレイは未実装
『Batman: Arkham City』の最新スクリーンショット及びアートワークが公開
『Batman: Arkham City』の広さは前作『Batman: Arkham Asylum』の約5倍!
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

    ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

  2. チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

    チャリティバンドル『HELP: THE GAME』―全収益は戦争地域の子どもたちへ

  3. 『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

    『CoD: IW』コミコンパネル映像―主要キャスト登壇に未見ゲームシーンも

  4. 『GWENT』は全機種間クロスマルチプレイを目指す―CEO「必要なのはソニーのゴーサイン」

  5. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  6. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  7. オンラインFPS最新作『サドンアタック2』の国内サービス決定―日本語公式サイトも

  8. 大量のゾンビに囲まれる!『Death Road to Canada』がSteam配信―犬も銃を撃つ2DアクションRPG

  9. 『Overwatch』ランクマッチの離脱ペナルティーには「シーズン中BAN」も―PTR参加者報告

  10. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第2回『ルナティックドーン 第三の書』(2000年)

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top