“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

GDC 11: NGP専用カードの詳細が判明、容量は2GBと4GBの2種類が存在

March 04, 2011(Fri) 12:12 / by Rio Tani

ソニー・コンピュータエンタテインメントがGDCで実施した次世代携帯ゲーム機NGPの技術セッションで、“NGP専用カード”のディテールが明らかになっています。

NGP専用カードは既存のUMDに取って代わる新たなフラッシュメモリーベースのゲームメディアで、2GBと4GBの2種類のカードが存在、5〜10%の書き換え可能な保存領域を持つとのこと。つまり2GBのカードなら100〜200MBを、4GBのカードなら200〜400MBの容量をセーブデータやパッチの保存に利用できることになります。

また、プレゼンテーションのスライドには既に明らかになっているリムーバブルメモリーの情報も記載。このカードは様々なダウンロードコンテンツをサポートするのに十分な容量を持つということです。

同セッションの詳しい内容はインサイドでもレポート記事を掲載しているので是非ご覧ください。(via Joystiq)


【関連記事】
Crytekの『CryEngine』など、NGP対応のミドルウェアが明らかに
噂: ソニーがPlayStation Certified対応のタブレットを開発中
SCE吉田氏: NGPの販売価格やXMB廃止の理由を説明
NGPの正式名称は年内に発表予定−SCE吉田修平氏が明かす
噂: NGPの価格は299.99ドルに?GameStopのデータベースに情報が掲載
Game*Sparkリサーチ『NGP買いますか?』結果発表
『PlayStation Meeting 2011』発表会の全過程が動画で配信
『NGP』の詳細スペック及び公式イメージが一挙公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image