“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ハリウッド映画版『バイオハザード』の第5作目が2012年公開へ

March 05, 2011(Sat) 14:32 / by Rio Tani

昨年は3Dにも対応した映画版バイオハザードの第4作目『バイオハザードIV アフターライフ(Resident Evil: Afterlife)』が公開されていますが、海外で早くもその続編の公開日が決定したようです。

Box Office Mojoの情報によると、ソニー・ピクチャーズの映画シリーズ第5弾となる『Resident Evil 5(サブタイトルなし)』は、米国で2012年9月14日のロードショーを予定しており、今回も3Dで公開されるとのこと。

前作『アフターライフ』は2億3,600万ドル以上の興行成績を記録したと言われており、その成功に便乗する形で急ピッチで続編が作られているようです。一方で、批評家からは毎回散々な評価を受けているため、次回作ではクオリティーにも期待が掛かります。

尚、映画版バイオハザードシリーズを制作するScreen Gemsは、先日Devil May Cryの映画化権を取得したことでも話題になっています。(ソース: Box Office Mojo via Joystiq)


【関連記事】
『Devil May Cry』がハリウッドで映画化、Screen Gemsが権利を獲得
映画版『アンチャーテッド』のエレナ役候補はスカーレット・ヨハンソン?
カプコン、『ストリートファイター』の新たな実写映画化プロジェクトを計画中
映画版最新作『バイオハザードIV アフターライフ』のトレイラーが初公開
『ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』が2009年のワーストレビュー映画に選ばれる
THQ: ギレルモ・デル・トロ監督の『inSANE』三部作は完了までに8〜10年を要する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image