『Torchlight』国内配信中止の理由が明らかに。Microsoftから謝罪も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Torchlight』国内配信中止の理由が明らかに。Microsoftから謝罪も

家庭用ゲーム Xbox360

「日本語の表示における不具合が確認できた」との理由で発売日当日に日本マイクロソフトより国内配信中止の発表が行われたXBLA版のTorchlight。この発表に関して、ゲームの開発元Runic Gamesの社長Travis Baldree氏が海外サイトにコメントを寄せています。

それによると、Runic Gamesは日本向けローカライズの決定に関する当事者ではないそうですが、配信中止の原因は翻訳上の不具合ではなかったとのこと。

Baldree氏は、Torchlightの日本語ローカライズはそもそも制作されておらず、最初から存在しなかったと打ち明けており、ゲームのアイテムランダム生成要素などの複雑さがプロジェクトに想定外の事態を招いたと述べています。

また、Microsoftからも公式な謝罪のコメントが海外サイトに向けて発表。「不具合(bug)ではなくローカライズの複雑さから、日本でXbox LIVE アーケード版Torchlightを配信しない決定を行いました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありません」とのことです。(ソース: Kotaku, Joystiq)


【関連記事】
XBLA『Torchlight』日本語版の配信が中止に
アクションRPG続編『Torchlight 2』の配信日が約一ヶ月の延期
XBLA新作プロモ“House Party”の配信日や価格が決定!『Torchlight』他
CES 11: XBLAの豪華新作プロモが発表、『Torchlight』も配信決定!
Runic Games、PC用アクションRPG『Torchlight』のコンソール版を検討
『Torchlight』が50万本のセールス、スタジオ買収でMMO化の可能性も?
海外レビューハイスコア 『Torchlight』
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  2. 『オーバーウォッチ』次なるイベントは旧正月?公式告知動画公開

    『オーバーウォッチ』次なるイベントは旧正月?公式告知動画公開

  3. 『バイオハザード7』が“Xbox Play Anywhere”に対応―フィル・スペンサー氏発言

    『バイオハザード7』が“Xbox Play Anywhere”に対応―フィル・スペンサー氏発言

  4. 人気F2PハクスラRPG『Path of Exile』Xbox One版が海外で2017年リリース

  5. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  6. 「ニンテンドースイッチ」2017年発売予定のタイトルラインナップ映像が公開!

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. 『仁王』48時間限定で「最終体験版」を配信! 製品版に先駆け“戦国死にゲー”を味わおう

  9. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  10. 『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top