ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Michael Pachter:“PS VITA”はひどい名前。野菜風味の栄養ドリンクみたいだ

携帯ゲーム PSP

ソニーの携帯機、NGP(Next Generation Portable)の正式名称ではないかとして、立ちどころに広まった“PS VITA(PlayStation Vita)”。いくつかのサイトでその情報を補強するような報道もされていますが、おなじみ海外ゲーム業界のアナリスト、Michael Pachter氏が、この名前にかみついた模様。以下Twitterより。
“ネーミングがひどければひどいほど、そのデバイスが成功するんじゃないか、なんて思い始めている。PSVitaは私が聞いた中でもかなりひどい名前のひとつだ。”

“これは“Vee - ta ”と発音するんだよな。ほんと、最高にひどい名前だ。野菜フレーバーの栄養ドリンクみたいな響きだ。”

“私がロースクールにいたとき、Volunteer Income Tax Assistance プログラムの下、老人向けの所得申告の手伝いをしていた。略して、VITA。”

“私はイタリア映画の“La Vita E Bella and La Dolce Vita”のことを思い出した。ただどういうわけか、同じ感情は呼び起こされないのだ。”

またこぼれ話としてこんなつぶやきも。

“任天堂は2006年4月1日に、私に“Wii”という名前を伝えてきた。彼らはこう言ったよ。“これはジョークではありません。”とね。2011年、ソニーからの連絡はまだ来ていないが……。”

それじゃあベストな名前は何なのよ、という問いに応えるように、こんなつぶやきも。
実際のところ、私は"Dreamcast "が好きだ。"Xbox " は "Wii "よりもひどいと思うよ。

果たして“PS VITA”は真実なのか? そして、Michael Pachter氏にソニーから連絡が来るのか……? ヴィータ&パクターの今後に注目です。(ソース: PSLS: Pachter: PS Vita “The Dumbest Name Ever”)


【関連記事】




《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

    国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

  2. 「パイローグライク」な消防ゲーム『Flame Over』が海外PS Vita向けに配信

    「パイローグライク」な消防ゲーム『Flame Over』が海外PS Vita向けに配信

  3. 一生の想い出…今度はあの『クロノ・トリガー』を改造して、愛の告白イベント大作戦!

    一生の想い出…今度はあの『クロノ・トリガー』を改造して、愛の告白イベント大作戦!

  4. 立体感をチェック!『3D ベア・ナックルII』3Dゲームプレイ動画公開

  5. TGS 13: 『モンスターハンター フロンティアG』がPS Vitaでも2014年にサービス開始決定!

  6. 「ゲーム&ウオッチ」風New 3DSプレート登場 ― 時計、アラーム、タイマーなどの機能付

  7. 80年代のロボットアニメ『星銃士ビスマルク』海外版がゲーム化

  8. シリーズ初期三部作を楽しめる『Ratchet & Clank HD Trilogy』がPS Vita向けに海外で7月に発売決定

アクセスランキングをもっと見る

page top