Epic Gamesのウェブサイトがハック、メールアドレスなど流出の可能性 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Epic Gamesのウェブサイトがハック、メールアドレスなど流出の可能性

ニュース 最新ニュース

Gears of Warシリーズなどで知られる大手デベロッパーのEpic Gamesは、同社のウェブサイトや公式フォーラムがハッキングされ、登録ユーザーの電子メールアドレスやパスワードが流出した可能性がある事を発表しました。

パスワードは暗号化されてはいるものの、ブルートフォースアタック(あらゆるパターンを試す暗号解読法)によって解読される危険性もあるため、Epicは登録ユーザー全てのパスワードを一旦リセットしたとの事。なおクレジットカード情報やその他金銭に関わる情報は格納されていなかったそうです。

ソニーEidos任天堂Codemasters、そして今回のEpicと、徐々に無差別になりつつあるハッキング攻撃。果たして犯人の目的は一体なんなのでしょうか(それぞれの攻撃の関連性も不明ですが)。更なる被害を防ぐためにも各パブリッシャー/デベロッパーの皆様には今一度セキュリティのチェック・強化をお願いしたいですね。
(ソース: CVG)


【関連記事】
ソニー攻撃の3容疑者が釈放、Anonymousは報復を示唆
ソニーにサイバー攻撃を行った容疑者3名が逮捕−スペイン
ソニーの子会社Sony Online Entertainmentからも顧客情報流出の可能性
ハッカーのGeohotがPSN障害について発言、関与を否定
『Deus EX』を含むEidosの関連サイトがハック、メールアドレスなど流出の可能性
PSNのパスワード変更ページが一時的にダウン、ソニーはハッキング関与を否定
《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. 2Dサンドボックス『Terraria』の販売本数が2,000万本突破!―現在までの統計データも公開

    2Dサンドボックス『Terraria』の販売本数が2,000万本突破!―現在までの統計データも公開

  3. 『Half-Life 2』『Portal』のシナリオライターがValveを退社

    『Half-Life 2』『Portal』のシナリオライターがValveを退社

  4. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発表!

  5. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

  6. 次回作はロンドン?『ウォッチドッグス2』エンディングシーンが一部追加

  7. ドゥームフィスト参戦への布石?『オーバーウォッチ』PTR版から気になるデータ発見

  8. 小島監督が海外インタビューで想い語る―「目先の利益を追求すれば時代に取り残される」

  9. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  10. Steam版『ソフィーのアトリエ』『よるのないくに』が配信決定!―海外発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top