ドイツで『Gears of War 3』が無規制で承認、同国での発売はシリーズ初 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ドイツで『Gears of War 3』が無規制で承認、同国での発売はシリーズ初

家庭用ゲーム Xbox360

Eurogamerドイツ版などの報道によると、Epic Gamesの新作シューター『Gears of War 3』が、ドイツ連邦青少年有害メディア審査会(BPjM)の承認を得て、同国内で無規制で発売されることが決まったそうです。

Gears of Warのシリーズ前2作は、同団体によってマスコミ報道や宣伝を禁止(但し成人の希望者のみに販売可)する“リストA”に指定されており、パブリッシャーのMicrosoftが発売を断念していました。

『Gears of War 3』はドイツにおいて18歳以上のユーザーを対象にシリーズで初めて発売されることになり、血の色が赤から緑に変更されるといった表現規制もなくノーカットでゲームを楽しむことができる模様です。

余談ですが、『Gears of War 3』は日本でもレーティングZ指定で発売が決まっており、CEROの倫理規定が定める「禁止表現」に従い、身体の分離・欠損表現における切断面描写、ミートシールド時の分離欠損描写、一部の処刑モーションにおける分離欠損描写、ヘッドショットによる頭部欠損描写といった変更が加えられています。(ソース: VG247, Eurogamer)


【関連記事】
開発段階の『Gears of War 3』が流出、Microsoft側は法的措置の構え
タレットやバリアの姿も!『Gears of War 3』Beastモードのゲームプレイ映像
日本マイクロソフト、『Gears of War 3』の国内製品ラインアップを発表
SEGA、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念
ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が
「映画はOKでゲームはダメなのはおかしい」 EA、『Left 4 Dead 2』の発禁処分に対し声明を発表
ハロウィンとともに狩猟解禁…『Manhunt 2』アメリカで無事発売へ
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. PS4版『ARK: Survival Evolved』海外ローンチ映像!壮大サバイバルがPS4で開幕

  6. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  9. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  10. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top