ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発中止作品『True Crime: Hong Kong』が復活!スクエニが権利を取得

PC Windows

シリーズ最新作として2009年に発表されるも、今年の2月に開発中止となっていたActivisionのアクションアドベンチャーシリーズ最新作『True Crime: Hong Kong』。バンクーバーに拠点を置くUnited Front Gamesが開発した本作の権利をスクウェア・エニックスが新たに取得、スクウェア・エニックス ロンドンスタジオと共に開発の継続が行われる事が明らかとなりました。

スクウェア・エニックス ロンドンスタジオは、2008年にEidosによって“サードパーティ製ゲームの開発に斬新なアプローチを提供すること”を目的に配置され、翌年の買収後にスクウェア・エニックス ロンドンスタジオの名称へ。Batman : Arkham AsylumのRocksteady Studiosや、Just Cause 2のAvalanche Studiosなどの間で開発実績を持っています。

同スタジオのジェネラルマネージャーLee Singleton氏は、True Crime: Hong Kongを実際に目にした際に“ぞっこん”になったと語り、その時点で本作は“とても強力”であったとのこと。またコントロールを置きたくなくなるほどの中毒性や、驚くべき新ゲームエンジン、深くて複雑なキャラクターによるリッチで真新しいストーリーを謳い、このレベルのオープンワールドゲームで見られることの無かったゲームプレイがフィーチャーされていたそうです。

なおTrue CrimeのIPは取得していない為、名称は変更される模様。また当初はPC/PS3/Xbox 360のマルチプラットフォームで2011年にリリースが予定されていた本作ですが、現時点ではリリース時期やプラットフォームに関してはコメントできないとのこと。

競争率の激しいジャンルを理由に開発中止となっていた本作ですが、Singleton氏は“我々はUnited Front Gamesのチームと共に協力し、ゲームの際立った要素や真にユニークなオープンワールドアドベンチャーの作成、完全なポテンシャルの実現に必要な時間を彼らに与えると約束します”とコメントしています。(ソース: Gamasutra)

※この記事には機種カテゴリが設定されていますが、ゲームの対応プラットフォームは未発表です。
【関連記事】
“非常に競争率の激しいジャンル”−『True Crime: Hong Kong』開発中止の舞台裏
Activision、『Call of Duty』関連の新スタジオBeachheadを設立
Activision、『Guitar Hero』シリーズの凍結と『True Crime』の開発中止を発表
香港が舞台のポリスアクション『True Crime: Hong Kong』の発売が2011年に延期
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. 『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

    『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

  2. ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

    ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

  3. Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

    Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

  4. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  5. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  6. 『Watch Dogs 2』は"寄り道"も豊富!海外向けゲームプレイ映像

  7. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  8. 協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

  9. リマスター版『スカイリム』に新DLCは計画なし―Modツール配信日も未定

  10. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top