ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Skyrim』ディレクター: ゲームソフトの価格は高額過ぎる

PC Windows

『The Elder Scrolls V: Skyrim』ではディレクターを務めるBethesdaの幹部Todd Howard氏が、海外でおよそ60ドル前後というフルパッケージ版ゲームソフトの価格設定に異議を唱えています。

「長い間ゲームが高すぎると思っていた」と打ち明けるHoward氏は、海外マガジンPSM3のインタビューに対し、60ドルという価格設定は(『Skyrim』はこのカテゴリに当てはまらないと付け加えた上で)娯楽商品としては余りにも高額であり、PCやiPhone、モバイルマーケットでは価格が下がりつつあるのが朗報だと発言。

また、60ドルでは気軽にゲームを試すのは難しく、ユーザーがレビューやプレビューを読むなど費やす時間という観点でも決断を要すると述べ、ゲーム業界全体で見ても19〜29ドルでゲームが発売されたほうが利益を享受することができるとの考えを主張しました。

今年の9月から12月にかけては毎週3つの大作ゲームが次々と発売され、ユーザーはそれらの全てを購入することはできない、とHoward氏は指摘。大手のゲームメーカーが結束し、ワールドワイドサミットを開いてこうした問題について語り合うべきだと呼びかけています。(ソース: CVG: Games are too expensive (but Skyrim isn't), argues lead)


【関連記事】
Bethesda幹部: マルチプレイモードの押し付けは“開発時間の無駄”
Bethesdaのマーケティング部長Petse Hines氏が語る『TES V: Skyrim』
グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ−Bethesda
Xbox LIVEアーケードの価格は全体的に上昇傾向にある−Microsoft
『TES V: Skyrim』ディレクターTodd Howard氏がDLCに関する情報を明らかに
海外アナリスト: 『TES V: Skyrim』と『Saints Row: The Third』に延期の可能性
E3 11: 噂のディテールが一挙に公開!『TES V: Skyrim』ゲームプレイ映像
E3 11: 『TES V: Skyrim』の最新ショットが公開、更なるプレイ映像も
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『GWENT』は全機種間クロスマルチプレイを目指す―CEO「必要なのはソニーのゴーサイン」

    『GWENT』は全機種間クロスマルチプレイを目指す―CEO「必要なのはソニーのゴーサイン」

  2. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

    子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  3. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

    『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  4. 冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

  5. RTS最新作『Halo Wars 2』新キャラ解説映像―シネマティックティーザーも

  6. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  7. 旧東側諸国ドライブシム『Jalopy』最新映像!―アップデートでハンガリーへの旅が可能に

  8. PC版『Shadowverse』DMM GAMESで8月サービス開始、事前登録も受付中

  9. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  10. 『BF1』の戦闘を全アングルで!爆撃機に戦車、ドでかい飛行船内部も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top