『S.T.A.L.K.E.R. 2』は海賊版対策としてインターネット常時接続が必須 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『S.T.A.L.K.E.R. 2』は海賊版対策としてインターネット常時接続が必須

PC Windows


昨年8月に発表されたPCの人気サバイバルホラー『S.T.A.L.K.E.R. 2』ですが、デベロッパーGSC Game WorldのSergey Grigorovich氏は海賊版対策(DRM)として本作ではインターネットの常時接続が必要となる事を明らかにしました。

『S.T.A.L.K.E.R. 2』ではコンテンツの一部(テキスト情報、コード、クエストなど)がサーバーに置かれており、ゲームの進行に合わせてダウンロードされる仕組みとなっているそうです。正規ユーザーから不満が出る事の多いDRM搭載ですが、Grigorovich氏は次のように語っています。
「ソフトウェアの海賊行為は私達にとって大きな問題です。私達は海賊行為と戦わなければいけません」
なお今作ではコンソール版の発売も予定されていますが、コンソール版にも同様のDRMが搭載されるのかどうかは不明です。
(ソース&イメージ: Exophase)


【関連記事】
映画版も制作?『S.T.A.L.K.E.R. 2』の新たな詳細が明らかに
PC版を主として開発…『S.T.A.L.K.E.R. 2』の詳細が遂に明らかに!
GSC、人気サバイバルホラーFPS続編『S.T.A.L.K.E.R. 2』を発表!
DRMに関する情報も!サイバーパンクFPS『Hard Reset』のデモが配信開始
Ubisoft: 常時ネット接続が必要なDRM戦略は成功している
最新ゲームプレイ映像も!『Driver: San Francisco』の発売日延期&DRM情報
Ubisoft、常時オンライン必須のDRMを一部のタイトルで廃止に
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

    【特集】PC版「PS Now」で遊ぶべきPS3タイトル─元祖死にゲーから名作ACTまで

  2. GOG.comのクライアント「GOG Galaxy」が正式版に―クラウドセーブに対応

    GOG.comのクライアント「GOG Galaxy」が正式版に―クラウドセーブに対応

  3. 『Arma 3』2017年度リリース予定のDLC紹介映像!―DLCセットの販売も開始

    『Arma 3』2017年度リリース予定のDLC紹介映像!―DLCセットの販売も開始

  4. ゲーミングノートPC「Razer Blade」3製品が3月25日より国内販売開始、搭載SSDは最大1TB

  5. 「PS Now for PC」3月21日よりスタート!―新規タイトルも13タイトル追加

  6. PC版『ニーア オートマタ』Steamにて発売開始!

  7. 『シヴィライゼーション VI』にキュロス2世率いる「ペルシア」文明登場!

  8. 大量のゾンビに囲まれる!『Death Road to Canada』がSteam配信―犬も銃を撃つ2DアクションRPG

  9. 新作対戦サバイバルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』早期アクセス開始日決定

  10. 無料パッチでPvPモードも!『ゴーストリコン ワイルドランズ』発売後の拡張計画が海外発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top