“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

PS Vita搭載の可能性もあった?生体計測技術に関するソニーの特許が発見される

November 03, 2011(Thu) 12:09 / by tobiuo


2009年のE3では、脈拍などの体内情報をゲームにフィードバックさせるWii Vitality Sensorが任天堂より発表され、いわゆる生体計測技術バイオメトリクス)がゲームの世界にも持ち込まれてきましたが、新たにソニーでも同様の技術特許が発見された模様です。

海外サイトSilicoeraが発見したこの特許は、皮膚の反応、脈拍、筋肉の動きの3つの体内情報を読取る事が可能で、それぞれの反応がゲームへとフィードバックされる様なシステムになっているとのこと。例えばストレス判定によって手に持ったスナイパーライフルなどの武器の照準が震える、筋肉の緊張を読み取って攻撃やシールドへの突撃に耐える、プレイヤーが緊張するとゲーム内のキャラクターが汗をかく。他にも、アドレナリン上昇が見られた場合は早く走り、高くジャンプし、強く殴る、ストレスレベルが高いと体力バーの減少が早くなるといった使用アイディアがソニーより提示されていたそうです。





あわせて公開された図面イメージからは、PS Vitaらしき携帯機の側面や、コントローラー、さらにはMoverの様な機器にも設置された身体計測装置の様子を確認する事が出来ます。この装置が今後既存のデバイスに搭載される可能性は低そうですが、実際に使用できるならばどの様なゲームプレイが出来たのか、想像してみるのも楽しそうです。
(ソース&イメージ: Siliconera)


【関連記事】
噂: PS Vita向けのモーコン新作『Mortal Kombat: Vitality』が開発中
Ubisoftが『Red Steel 3』の可能性に関してコメント、Vitality Sensor対応も?
E3 09: 任天堂、リラックス効果を目的とした新型周辺機器『Wii Vitality Sensor』を発表
Microsoft、Kinectでユーザーの年齢を判別する特許を申請
SCEの最新技術『PSP Remaster』の特設サイトがオープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image