ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ハッカーがSteamのデータベースに侵入、個人情報流出の恐れ

November 11, 2011(Fri) 09:16 / by Rio Tani

今週はじめSteam公式フォーラムがハックされたとのニュースをお伝えしましたが、ハッキングの被害はフォーラムユーザーだけでなく、全Steamユーザーに及び、クレジットカード含む個人情報流出の恐れがあることが新たなValveの調べにより明らかになりました。

Valve代表Gabe Newell氏の声明によると、ハッカーが侵入したSteamのデータベースには、「ユーザーの氏名」、「ハッシュ化、ソルト処理されたパスワード」、「ゲーム購入履歴」、「Eメールアドレス」、「請求先住所」、「暗号化されたクレジットカード情報」といった情報が含まれていたそうです。

これまでのところ、暗号化されたクレジットカード番号や個人識別情報がハッカーに盗まれた証拠はなく、クレジットカード及びパスワードのプロテクションが侵害された形跡も見つかっていないそうですが、Valveは現在も調査を続けており、ユーザーもクレジットカードの利用経歴などを注意深く見守ってほしいとのこと。

Newell氏は「このようなことが起こって本当に申し訳ない」と謝罪し、今後全てのSteamフォーラムユーザーはパスワードの変更が必要になるものの、実被害が出ていないためSteam本アカウントのパスワード変更は強要しないと報告。但し、Steamフォーラムのパスワードを別のサービスで使い回している場合は変更しておくべきと伝えています。(ソース: Steam Users' Forums)


【関連記事】
Steamの公式フォーラムがハック、一部のユーザーにはスパムメールも
Gabe Newell氏: セールは必ず利益を生む、海賊行為はサービスの問題
BioWareの関連サイトがハック、約18,000人の個人情報が流出した可能性
Segaの関連サイトがハック、メールアドレス等が流出した可能性
BethesdaのBrink公式サイトがハック、個人情報流出の可能性
英警察、ハッカー集団「LulzSec」の中心メンバーを逮捕
ハッカー集団が『Minecraft』『EVE Online』『LoL』のサーバーを攻撃
ソニー、クレジットカード情報売買の一部報道を否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image