“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

2001年の「9・11テロ」が同年発売の『GTA III』に与えた影響

November 19, 2011(Sat) 02:21 / by Kako

2001年9月11日にアメリカで起きた同時多発テロ事件。同じく2001年の10月に発売されたゲームに『Grand Theft Auto III』があります。この事件が作品に与えた影響について、RockstarのDan Houser氏が口を開いています。これは『GTAIII』10周年記念の一環としてEDGEが行ったインタビューで明らかにしたもの。

ニューヨークのマンハッタンに位置するRockstar Games本社で、氏は「9・11」に遭遇。ゲームの完成直前で、発売延期を余儀なくされ、さらにいくつかの変更を加えることになったとしています。GTAIIIは10月22日に発売されましたが、当初は10月2日に発売される予定だったとのこと。当然、GTAIIIの舞台がリバティーシティ(ニューヨークをモチーフにした架空の都市)であることは大きく影響しています。

*LCPDのパトカー色の変更。NYPDに近いデザインから、LAPDなど一般的に使われているデザインに近いものに変更された

*飛行機の経路を変更。高層ビルに近いところを飛ばないようにした

*テロリストに言及するミッションのひとつを削除

*2、3行の歩行者の会話とラジオのトークを削除

*北米版ボックスアートの変更。結果として以降のシリーズで踏襲されるデザインになった

左が北米版、右がUK版のボックスアート

上が修正前、下が修正後のパトカー

これまで「9・11」の影響で変わったものとして、ファンの間ではDarkelと呼ばれるキャラクターの削除が指摘されていました(マニュアルのクレジットやコードにもその名前がある/革命家として登場するキャラで、Darkelの依頼ミッションのひとつには「アイスクリーム車を盗んでそれを爆破する」ものもあった)。これに関しては、この削除は発売の数ヶ月前から決まっており、事件に影響されていないことを明らかにしています。(ソース: CVG: Dan Houser reveals GTA 3s forced 9/11 changes)


【関連記事】




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image