“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

上田文人氏がソニーを退社、『トリコ』の開発は継続−海外報道

December 01, 2011(Thu) 08:29 / by Rio Tani

『ICO』や『ワンダと巨像』のクリエイターとして知られる上田文人氏が、長年在籍したソニー・コンピュータエンタテインメントを退社したとの噂が海外サイトで広まっています。

これは、欧州サイトEurogamerがある日本の開発関係者から得たという情報で、上田氏は現在、フリーランスの開発者としてPS3の最新作『人喰いの大鷲トリコ』の制作を継続しているとのこと。

情報提供者は、発売延期を繰り返し今年のTGSでも続報がなかった『トリコ』の開発長期化が退社の理由のひとつであると指摘。また、上田氏は同作の完成後、個人的なプロジェクトに着手することになると言われています。

尚、SCEEはこの報道内容に関してコメントを控えたということです。(ソース: Eurogamer: The Last Guardian creator Fumito Ueda leaves Sony - rumour)


【関連記事】
SCE吉田氏、『トリコ』の開発状況やポリフォニー次回作に言及
『人喰いの大鷲トリコ』と『ICO/ワンダHDコレクション』の発売が延期に
デモの配信も検討中?『人喰いの大鷲トリコ』最新スクリーンショット
PSM3最新号に『人喰いの大鷲トリコ』のハンズオンプレビューが掲載
ピーター・モリニュー: もし『ICO』のような作品を作ったら喜んで死ぬ
SCEA公式ブログに『人喰いの大鷲トリコ』上田氏のインタビューが掲載
『塊魂』の高橋慶太氏がソーシャルMMO『Glitch』の開発チームに参加
高橋名人、ハドソンを退社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image