“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

5パーセントが最初のアクションシーンで躓いた『Heavy Rain』プレイ統計情報が公開

December 06, 2011(Tue) 11:56 / by tobiuo

2010年2月に国内外で発売され、各ゲーム媒体からユーザーの間まで高い評価を得たQuantic DreamのPS3向けタイトル『Heavy Rain』。海外サイトIGNにて、本作のプレイ情報統計が公開されましたのでご紹介致します。詳細は以下の通り。

■最初のアクションシーンに成功したプレイヤーは全体の95パーセント。

■ゲームを終えたプレイヤーは全体の74パーセント。

■ショーンを救出したプレイヤーは全体の65パーセント。

■全キャラクターを生還させたプレイヤーは全体の33パーセント。

■全てのエンディングを見たプレイヤーは全体の4パーセント。

■プラチナトロフィーを獲得したプレイヤーは全体の3パーセント。

■『Heavy Rain』をプレイしたユーザーは300万人。


なお次回作にも期待がかかるQuantic Dreamですが、今年7月頃には2つの新作タイトルを開発中である事が報じられ、『Fiv 5』『Infraworld』といったタイトル名が噂されたものの、残念ながら現時点では詳細は不明。今後情報が明らかにされていく事に期待しておきましょう。
(ソース: IGN)


【関連記事】
『Heavy Rain』のCage氏: 金儲けのためにこの業界にいるわけではない
Quantic Dream新作か、SCEEが『Infraworld』を商標登録
噂: 『Heavy Rain』を手掛けたQuantic Dreamの次回作は『Fiv5』
Move対応の影響を受け『Heavy Rain』の次期DLCが無期延期に
David Cage氏の次回作は『Horizon』、SF風のストーリーを用意?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image