『Metal Gear Rising』は「60フレームで雷電が気持ちよく動く」を目標へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Metal Gear Rising』は「60フレームで雷電が気持ちよく動く」を目標へ

家庭用ゲーム Xbox360


昨日のVGA 2011で劇的とも言えるリブートを果たし大きな話題となった『Metal Gear Rising: Revengeance』ですが、檀上にも登場した小島秀夫監督が新たにTwitter上で本作に関してコメントしています。

まず小島監督は昨日のトレイラーに触れ、『メタルギア』らしく無いと感じた人も居るだろうとコメント。続けて旧作『Metal Gear Solid: Rising』について、色調は『メタルギア』らしかったが30フレームで複雑な操作を要求されるものだったと述べ、本作ではプラチナゲームズに対し「60フレームで気持ちよく動く、格好いい雷電」1つをお願いをした事を明らかにしています。

さらに同監督によれば、過去のトレイラーにもあった敵やオブジェクトを切り裂く“自由切断”は健在とのことで、またタイトルを“Solid”から“Rising”に変更したのは、スピンオフゲームとしてプラチナゲームズに振り切って製作して貰うためとのこと。なお昨日公開されたヒデラジでは、旧作から今回の『Revengeance』へと新生した際の経緯が語られていますでの、気になる方はチェックしてみましょう。さらに12月14日には両スタジオのスタッフが語るリブートについてのインタビューが公式サイトにて掲載される予定となっています。
(ソース: Gaming Everything)


【関連記事】
VGA 11: 奇跡のコラボ『Metal Gear Rising: Revengeance』の新情報が到着
VGA 11: 新生『Metal Gear Rising: Revengeance』トレイラーが見参!【UPDATE】
VGA 11: 『Metal Gear Rising: Revengeance』のVGAトレイラーがリーク
VGA 2011で『MGS: Rising』やBioWareの新作、『Alan Wake』新作が発表
OPM次号に小島監督最新作『Project Ogre』や『MGS5』の初ディテールが掲載へ
《tobiuo》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  2. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

  5. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  6. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  7. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

  8. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  9. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  10. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top