ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Fallout MMO』の制作権がBethesdaに帰属、Interplayと和解へ

PC Windows

本日Bethesda Softworksと親会社のZeniMax Mediaは、同社がInterplay Entertainment Corporationの持つ『Fallout』ブランドのMMOゲーム制作権の取り消しを求めていた裁判で、Interplayに200万ドルを支払うことで和解同意に至ったとプレスリリースで発表しました。

発表によると、Interplayに与えられていた『Fallout MMO』のライセンスは法的に無効で、MMO制作の権利はただちにBethesda側に返還されるとのこと。Interplayは今後『Fallout』ブランドや関連IPをゲーム開発に使用することが出来ず、旧PCタイトルの『Fallout Tactics』、『Fallout』、『Fallout 2』を販売する権利も2013年12月を持って失効になる見通し。

またZeniMax Mediaは、Interplayの下で『Fallout MMO』の開発に当たっていたMasthead Studiosへの知的所有権侵害などを巡る訴訟についても、今回同時に和解に至ったと発表。これにより『Project V13』の開発続行は絶望的になったと言えます。

ZeniMax MediaのCEOであるRobert Altman氏は、「FalloutはZeniMaxにとって重要な所有物であり、サードパーティーや他社に関与されることなく、これからファンのために将来のFalloutタイトルを開発することができます」とコメント。今回の訴訟にメリットがあったことを強く確信しているようです。(ソース: Bethesda Blog)


【関連記事】
年内にもβ開始?Fallout MMO『Project V13』を巡る裁判がついに和解か
“Fallout MMO”こと『Project V13』のパブリックベータが2012年にスタート
いわくつきのFallout MMORPG『Project V13』のコンセプトアートが初公開
Bethesdaの親会社がMMO作品の人材を募集中。『Fallout MMO』の可能性も?
『TES V: Skyrim』1,000万本出荷が発表、海外PSN/XBLではパッチ1.3が配信開始
Bethesda、『Doom 4』無期限延期の噂を否定「全くのでたらめ」
Project V13が『Fallout: Online』に改名、公式サイトがオープン
Fallout Onlineこと『Project V13』のスクリーンショットがリーク?
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

    ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

  2. Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

    Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

  3. 協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

    協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

  4. 『Watch Dogs 2』は"寄り道"も豊富!海外向けゲームプレイ映像

  5. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  6. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

  7. 海底SFホラー『SOMA』が45万セールス突破、年末には新プロジェクトも発表か

  8. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  9. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  10. いよいよSteamに降臨する『Quantum Break』怒涛の新トレイラー公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top