ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Fallout MMO』の制作権がBethesdaに帰属、Interplayと和解へ

January 10, 2012(Tue) 08:44 / by Rio Tani

本日Bethesda Softworksと親会社のZeniMax Mediaは、同社がInterplay Entertainment Corporationの持つ『Fallout』ブランドのMMOゲーム制作権の取り消しを求めていた裁判で、Interplayに200万ドルを支払うことで和解同意に至ったとプレスリリースで発表しました。

発表によると、Interplayに与えられていた『Fallout MMO』のライセンスは法的に無効で、MMO制作の権利はただちにBethesda側に返還されるとのこと。Interplayは今後『Fallout』ブランドや関連IPをゲーム開発に使用することが出来ず、旧PCタイトルの『Fallout Tactics』、『Fallout』、『Fallout 2』を販売する権利も2013年12月を持って失効になる見通し。

またZeniMax Mediaは、Interplayの下で『Fallout MMO』の開発に当たっていたMasthead Studiosへの知的所有権侵害などを巡る訴訟についても、今回同時に和解に至ったと発表。これにより『Project V13』の開発続行は絶望的になったと言えます。

ZeniMax MediaのCEOであるRobert Altman氏は、「FalloutはZeniMaxにとって重要な所有物であり、サードパーティーや他社に関与されることなく、これからファンのために将来のFalloutタイトルを開発することができます」とコメント。今回の訴訟にメリットがあったことを強く確信しているようです。(ソース: Bethesda Blog)


【関連記事】
年内にもβ開始?Fallout MMO『Project V13』を巡る裁判がついに和解か
“Fallout MMO”こと『Project V13』のパブリックベータが2012年にスタート
いわくつきのFallout MMORPG『Project V13』のコンセプトアートが初公開
Bethesdaの親会社がMMO作品の人材を募集中。『Fallout MMO』の可能性も?
『TES V: Skyrim』1,000万本出荷が発表、海外PSN/XBLではパッチ1.3が配信開始
Bethesda、『Doom 4』無期限延期の噂を否定「全くのでたらめ」
Project V13が『Fallout: Online』に改名、公式サイトがオープン
Fallout Onlineこと『Project V13』のスクリーンショットがリーク?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image