NEOGEOが携帯ゲーム機になって登場、その名も『ネオジオ携帯機(仮)』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

NEOGEOが携帯ゲーム機になって登場、その名も『ネオジオ携帯機(仮)』

ニュース 最新ニュース


ゲーム通販サイト「ファミコンプラザ」によれば、NEOGEOのゲームが携帯ゲーム機で遊べる「ネオジオ携帯機(仮名)」が発売されるそうです。

「ネオジオ携帯機」は、SNKのライセンスを受けて作られた携帯ゲーム機。予め20のゲームが内蔵されており、手のひらでNEOGEOゲームを遊ぶことが出来ます。ライセンス商品と言うことで、SNKやNEOGEOロゴも本体に記載されていますね。

■「ネオジオ携帯機(仮名)」仕様
・4.3インチLCDスクリーン
・メモリー容量:2GB
・バッテリー容量:2200mAh
・本体サイズ:170x72x15mm
・SDメモリーカードスロット搭載

スペックに関しては製作中の物で、今後変更になる場合があるとのこと。そして気になる収録タイトルは以下の20本で、全て北米版になっているそうです。

■収録タイトル
1.WORLD HEROES
2.ULTIMETE 11
3.TOP PLAYER'S GOLF
4.SENGOKU
5.NAM-1975
6.MUTATION NATION
7.LAST RESORT
8.KING OF MONSTERS
9.FRENZY
10.CYBER LIP
11.FATAL FURY SPECIAL
12.ART OF FIGHTING
13.SUPER SIDEKICKS
14.LEAGUE BOWLING
15.METAL SLUG
16.MAGICAL LORD
17.BASEBALL STARS PROFESSIONAL
18.SAMURAI SHODOWN
19.KING OF FIGHTERS '94
20.FATAL FURY

全体的に初期の頃のタイトルがカバーされており、本体を購入するとこの20本が遊べます。ファミコンプラザでは更なる本体写真が掲載されていますので、気になる方はそちらをご覧ください。本体上部にはL1ボタン、L2ボタン、R1ボタン、R2ボタン、NEOGEOにはなかった4つのボタンも搭載されているようです。同時押しなど、ショートカットボタンとして使えたりするのでしょうか。本体左側にはボリュームボタン、右側には画面の明るさを調整するボタンも。

なお、発売時期に関しては不明。ブログによれば2012年上半期頃と触れていますが、あわせてこの手の商品は延期になりやすいとも伝えています。(ソース&イメージ: ファミコンプラザ)


【関連記事】
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 噂: HD版『シェンムーHD』は1と2のセットで2017年にリリースか

    噂: HD版『シェンムーHD』は1と2のセットで2017年にリリースか

  2. 『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

    『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

  3. 『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

    『マインクラフト』の累計販売本数が1億2,000万本を突破!―毎月5,500万人がプレイ

  4. 噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

  5. 元EA Sports代表、プロサッカークラブ「リヴァプールFC」CEOに就任

  6. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  7. 『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

  8. 豪州にてSteam販売価格に消費税導入、日本でも3月から開始か

  9. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

  10. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top