海外サイトが選ぶ『最高のオープニングステージ』10選 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『最高のオープニングステージ』10選

ニュース 最新ニュース

プレイヤーがゲームを開始してまず一番初めにプレイする事になるオープニングステージ。”名作には名オープニングあり”と、導入部分の出来次第でこれから始まるゲームへのモチベーションが左右されたりと非常に重要な要素ですが、海外サイトVirginMediaで『最高のオープニングステージ』という形で10本のタイトルが紹介されています。果たして今回どのようなタイトルが取り上げられているのでしょうか。

■God of War 3

『God of War 3』は全編通してスリリングでゴージャスな体験が出来るゲームだが、ポセイドンに対するオープニングレベルは最も素晴らしいシーンの一つである。

■Medal of Honor Frontline

今となっては視覚的に少し寂しいが、初代Xboxの強力なグラフィック面は当時のリリース時点では信じられない出来だった。

■BIOSHOCK

飛行機事故からラプチャーへの第一歩、『BIOSHOCK』の最初の一時間はこれまでで最も記憶に残るシーンとしてランクを付ける必要がある。

■ゴールデンアイ 007

今作は自分がジェームス・ボンドだと感じさせられる最初のゲームだった。ダムのステージはアクション、ステルスといった素晴らしいピースを組み合わせて完璧にゲームをスタートさせた。

■バイオハザード 4

孤立した農村の郊外を探索するレオン、そして恐ろしい村人達とチェーンソーを振り回す男との戦いでクライマックス。

■ベヨネッタ

空から落ちる瓦礫の上での名ばかりの天使達との戦いで始まるオープニング。『ベヨネッタ』は過去最高にクレイジーだ。

■Uncharted 2

ドレイクは、崖にぶら下がった電車の中で目を覚ます。彼は電車が地面に落下する前に怪我をした体で、電車を登る必要がある。

■Batman: Arkham City

アーカムシティはバットマンファンにとって夢のようなゲームだ。オープニングもあなたがブルースウェイントとなって遊べるという事は例外ではない。

■Mass Effect 2

この素晴らしい続編のオープニングでは新たな脅威であるコレクターによって攻撃されているが、その後考えられないことが起こる。

■Half-Life

ゴンドラの中からゲームが開始され、強制的にオープニングが進行するのかと思いきや、ブラックメサ研究施設の様々な施設を自由にチェックことが出来る、それは素晴らしいものだった。


ややアクションゲームに偏りがちではありますが、どれも確かに素晴らしい出来の作品が挙げられています。特に今回も紹介されている『バイオハザード 4』は昨日ご紹介した、海外サイトG4TVによる『バイオハザード』で最もスリリングだった5つの瞬間としても同じシーンが取り上げられており、やはり素晴らしい場面であったと再確認できます。(ソース: VirginMedia via N4G)

【関連記事】海外サイトが選ぶ『バイオハザード』で最もスリリングだった5つの瞬間
神業連発!海外サイトが選ぶ『2011年の偉大なスナイパーキル』TOP10
海外サイトが選ぶ『ジャンルを定義付けたゲームシリーズ』TOP10
海外サイトが選ぶ『リメイクすべき5つの名作ゲーム』
海外サイトが選ぶ『期待のインディーゲーム10選』
《FURUKAWA》

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. 中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

    中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

  3. ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

    ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

  4. Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

  5. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  6. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  7. ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

  8. 恐竜世界でサバイバル!『ARK: Survival Evolved』が発表―PS4/Xbox One/Steamで2016年リリース予定

  9. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

  10. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top