ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

目だけで操作する世界初のゲームがロンドン娯楽施設に設置

February 01, 2012(Wed) 23:31 / by Rio Tani


プレイヤーの目だけで操作可能な世界初のアーケードマシンとして昨年末に発表された『EyeAsteroids』が、今月17日までロンドンの娯楽施設Trocaderoに設置されるそうです。

日本にも支部があるTobii Technologyが開発した『EyeAsteroids』は、角膜反射や眼球運動計測などを応用した同社のアイトラッキング技術によるシューティングゲームで、プレイヤーは画面を見つめることでビームを発射し、飛来する隕石を破壊して地球を守るのが目的。

Tobiiは『EyeAsteroids』の筐体を50台用意し、1台あたりの価格は1万5,000ドル程度になるとのこと。現在は欧米を股にかけたロケテストが実施中で、先月ラスベガスで開催されたCES 2012でも展示されています。


(ソース&イメージ: Tobii, Eurogamer)


【関連記事】
世界初、Kinect対応3Dセックスゲームの技術デモ映像が公開
CES 12: 任天堂が新たに紹介したWii Uの『パノラマ・ビュー』デモ
CES 12: タッチや傾きセンサーも。PS Vita版『LittleBigPlanet』直撮りプレイ動画
CES 12: テーブルが競技場に! ARサッカーゲーム『Table Football』実演映像
CES 12: Windows向けKinectが2月1日に発売、『Microsoft Flight』などに対応へ
Blu-ray対応、中古対策、新型Kinect… Xbox後継機の更なる噂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image