“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

北米でUMD Passportプログラムの導入が見送りに

February 08, 2012(Wed) 12:45 / by Rio Tani

PSP用のUMDを所持していればダウンロード版を安価で購入する権利を得られる「UMD Passport」プログラム。日本国内ではPS Vita発売前の2011年12月6日よりサービスが開始されていますが、北米地域では導入が見送りになることが分かりました。これはソニーの担当者が海外サイトKotakuに伝えた情報で、具体的な見送りの理由や将来的な導入時期など詳細ははっきりしていません。

SCEAは過去にUMDをデジタルダウンロード版に変換するサービスも検討していましたが、こちらも採用が見送られています。

PlayStation Vitaは欧米で2012年2月22日にローンチとなります。(ソース: Kotaku: Sony: You Won’t Be Able To Bring PSP Discs To Vita)


【関連記事】
所有UMDゲームタイトルを安価でDL購入!『UMD Passport』12月6日より提供開始
PSP go用のUMDドライブ開発の噂についてLogitechが正式にコメント
「UMDが入らない!」 Mega64が描くPSP Go新規ユーザーの悲劇…
SCEA、UMDのデジタル版交換サービスを見送りに… 「権利や技術的問題」
“PlayStation Network”アカウントの名称が“Sony Entertainment Network”アカウントへ変更
欧州SCE幹部が次世代機移行や日本のPS Vitaローンチに言及
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image