海外サイトが選ぶ『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』

ゲーム文化 カルチャー

過去に、Game*Sparkリサーチでも、「ゲームをプレイしていて最もテンション上がる瞬間」というお題で読者の皆さんが選ぶ様々な瞬間を取り上げましたが、今回海外サイトDORKLYにてその真逆となる『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』と題した15個のシーンがピックアップされています。ゲーマーなら誰でも共感できるあるあるな状況を実際に見てみましょう。


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


■負けイベントと気づかず無限に湧き出す敵と本気で戦ってしまったとき


■アイテム欄が足りないとき


■買ってきたPCゲームが起動出来ないと分かったとき


■予想外の動きをして死んでしまった時


■バグのせいで死にかけているとき


■ステージクリア直前にして敵に発見されたとき


■久しぶりに再開したRPGで何をすればいいのかが分からないとき


■初回起動時の長いアップデート


■護衛ミッション


■アホなNPCに流れ弾が当たったせいでミッションがやり直しになったとき


■どこかで取り忘れた鍵の為に何時間もかけて引き返さないといけないとき


■最悪な状況でセーブをして自分で自分を追い込んでしまったとき


■バグでゲームが進行されないとき


■保存しないで死んでしまったとき


■「もう一度聞きますか?」に間違えて「はい」を選択してしまったとき

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

先日100時間を超えたゲームがバグでクエスト進行不能になりイライラを通り越して絶望してしまった経験がありますが、皆さんの『ゲームをしていてイラっとする瞬間』も是非コメント欄にてお聞かせ下さい。(ソース&イメージ: Dorkey)

【関連記事】海外サイトが選ぶ『FFスピンオフ作品』ベスト7
海外サイトが選ぶ『バイオハザード』で最もスリリングだった5つの瞬間
海外サイトが選ぶ『最高のオープニングステージ』10選
神業連発!海外サイトが選ぶ『2011年の偉大なスナイパーキル』TOP10
海外サイトが選ぶ『ジャンルを定義付けたゲームシリーズ』TOP10
海外サイトが選ぶ『期待のインディーゲーム10選』
《FURUKAWA》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

    【特集】『ハースストーン』開発者インタビュー!―バハマ開催や日本のe-Sportsについて直撃

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

    『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  4. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  5. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  6. 【レポート】リゾート地が酒場に!「ハースストーン冬季選手権」バハマ現地フォトレポ

  7. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  8. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『バイオ2』非公式リメイクから転じた『Daymare: 1998』のKickstarterが中止

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top