最新映像やマルチプレイディテールなど『Halo 4』の情報が一挙解禁 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最新映像やマルチプレイディテールなど『Halo 4』の情報が一挙解禁

家庭用ゲーム Xbox360



Bungieの手を離れ、新たにMicrosoft傘下の343 Industriesが開発を進めるヘイローシリーズ最新作『Halo 4』。サンフランシスコで開催されたSpring Showcase 2012にて今作の情報が一挙解禁。開発者ダイアリー映像、スクリーンショット、マルチプレイを中心としたゲームディテールが公開されています。

■ 今作ではマスターチーフのアーマーがより軽量でフレキシブルにリデザインされた。

■ マルチプレイヤーモードにはストーリー背景が用意され、全てのプレイヤーは“Spartan IV”となって戦うことになる。

■ プレイヤーはSpartan IVの容姿、能力、装備などを豊富にカスタマイズ可能。

■ 今回は2種類のマップ「Wraparound」と「Warhouse」が披露された。

■ マルチプレイ用のマップはシングルキャンペーンからの使い回しではなく、バランスを考慮して設計されている。

■ バトルライフルが復活。見た目が少し異なり、連射速度もあがった。

■ 『Battlefield』や『Modern Warfare』にあるような武器カスタマイズ要素の影響はなく、基本的な武器のシステムは従来のシリーズと同じになる。

■ 343 Industriesは武器バランスにフォーカスしており、武器の選択肢もさらに増えた。

■ ビークルは今作でも登場。

■ Assassinationも健在。さらに凶悪になった。

■ Destructoidの記者いわく、Spartan IVの足音やバトルライフルの発砲音など音響効果が凄まじかった。

■ 30fpsで動作。

■ Kinectの対応予定は今のところなし。

海外サイトCVGでは、トレイラーからキャプチャーされた大量のゲームプレイスクリーンショットを掲載しているので気になる方はチェック。

『Halo 4』は2012年ホリデーシーズンに日本含む全世界で発売予定です。(ソース: Destructoid, Kotaku)


【関連記事】
噂: 『Halo 4』のゲーム直撮りスクリーンショットが流出
噂: 『Halo 4』はマルチプレイヤーBotを搭載
『Halo 4』は既存エンジンの改良版を使用、Xbox 360で発売へ
『Halo 4』は初代Haloのルーツを辿る−Microsoft
E3 11: 日本でも発売決定!『Halo 4』の公式アートやスクリーンショットが到着
E3 11: Microsoftが『Halo 4』を発表、2012年ホリデー発売
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  2. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  6. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  7. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  8. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  9. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  10. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top