ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外サイトが選ぶ『最も奇妙なゲームヒーロー』TOP10

ゲーム文化 カルチャー

過去にもGame*Sparkでは、日本のゲームキャラクターにスポットを当てたランキング記事『最も奇妙な日本のゲームキャラクターTOP7』をご紹介しましたが、今回海外サイトGame Podunkにて『最も奇妙なゲームヒーロートップ10』と題し10人の変わったヒーロー(一部ヒロイン)がランキング形式で掲載されているのでご紹介します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

10位 カエル (クロノトリガー)

「もし私がクロノトリガーをプレイしていなかったら、この画像を見てまずクエスチョンマークが浮かんだだろう」


9位 ゼルダ姫(魂) (ゼルダの伝説 大地の汽車)

「リンクはゼルダ姫を守れなかったのかと思った」


8位 ウィーキー(宝島Z バルバロスの秘宝)

「いや、彼はWikipediaの創設者ではない」


7位 ビッグ・ザ・キャット (ソニック・ザ・ヘッジホッグ)

「カエル?」


6位 スライム (ドラゴンクエスト)

「私はスライムは悪者では無いと思う。今では自分が悪者に思える」


5位 王子(塊魂)

「彼は凄そう」


4位 カービィ(星のカービィ)

「15年以上プレーしているがこのピンク色が何なのかが全く解らない」


3位 クイナ(ファイナルファンタジー9)

「ベロリンガのおばあちゃんに見える」


2位 オパオパ(ファンタジーゾーン)

「宇宙船でもあり、巨大な足と翼が生えている事からエイリアンでもあると思う」


1位 パックマン(パックマン)

「真剣にこいつは何なんだ?」


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なんと、今回も見事に国内タイトルのキャラクターでランキングが制覇される結果となってしまいました。やはり海外作品に比べ、可愛らしくデフォルメされたキャラクターが多い国産ゲームは海外プレイヤーから見ると奇妙に映るのかも知れません。ちなみに、第1位の“パックマン”は、異世界の翼と足を持つ宇宙船との選択は非常にタフだったが結局パックマンにしたとの事です。尚、紹介仕切れなかったコメント全文についてはソースでご確認下さい。また、更なる珍キャラクターを知っているという方はコメント欄にて是非どうぞ。(ソース&イメージ: Top 10 Strangest Video Game Heroes)

【関連記事】海外サイトが選ぶ『最もグロテスクな表現が含まれているゲーム』TOP25
海外サイトが選ぶ『ゲーム史上最も最悪な司令官』
海外サイトが選ぶ「復活に値する希少なクラシック作品」
海外サイトが選ぶ『ゲームをしていて最もイラッとくる瞬間』
海外サイトが選ぶ『FFスピンオフ作品』ベスト7 《FURUKAWA》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

    錦糸公園、鶴舞公園など『ポケモンGO』人気スポットにトレーナー殺到

  2. 小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

    小型ファミコン「Nintendo Classic Mini: NES」紹介映像―懐かしさこみ上げる

  3. eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

    eBayで『Pokemon GO』アカウントが出品中、「150匹以上ゲット済み」約30万円

  4. 『Pokemon GO』トレーナー必携?「ポケモンずかん」風DIYスマホケース

  5. 『Pokemon GO』をドローンでプレイ!空中でポケモンゲットだぜ

  6. 日本政府が『ポケモンGO』配信に向け注意喚起―イラスト交えトレーナーにおねがい

  7. 【E3 2016】『Limbo』開発元の新作『INSIDE』発売日決定!―記念で『Limbo』無料配信も

  8. 『マインクラフト』で「ジブリの世界」再現! 5年がかりの一大プロジェクト

  9. e-Sports『Overwatch』チャンピオンシリーズオフライン決勝が7月31日に秋葉原で開催

  10. 『Fallout 4』の最強武器は…「ゴミ箱」?―意外な使い方を発見

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top