Crytek: Kinect対応タイトル『Ryse』の開発は順調 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytek: Kinect対応タイトル『Ryse』の開発は順調

家庭用ゲーム Xbox360



『Codename Kingdoms』なる仮称でE3 2010のMSキーノートで発表、E3 2011では正式名称が決まりゲームプレイトレイラーも披露されたCrytekのKinect対応完全新作『Ryse』。長らく続報のない本作の開発状況についてCrytekの担当者がコメントしています。

先週のGDCでCVGのインタビューを受けたCrytekのゼネラルマネージャーNick Button-Brown氏によると、『Ryse』の開発は大変順調に進んでおり、開発チームはその出来や目指すところにこの上なく満足しているのだとか。

今後の展開については、パブリッシャーの制約もあるため今は明かすことはできないそうですが、ある段階で更なる情報を公開する予定とのことです。(ソース: CVG: Ryse is alive, Crytek 'really, really happy with it')

※UPDATE: 記事初出時『Ryse』がKinect専用タイトルと記載していましたが、昨年の海外サイト情報によると、本作は通常のコントローラーとKinectどちらでもプレイできる設計とのことで、本文と題名を修正しました。3さんコメントでのご指摘ありがとうございます。


【関連記事】
E3 11: 正式名称が決定!CrytekのKinect新作『Ryse』最新トレイラー
『Codename: Kingdoms』はKinect対応タイトル、Crytek開発内部で異変も
Crytekの『Codename: Kingdoms』はXbox 360独自の内容に、Microsoftがコメント
E3 10: CrytekのXbox 360専用タイトル『Codename: Kingdoms』が発表
Crytekが“目を見張るような”PC及びコンソール向け新作を4月に発表
GDC 12: GDC期間中に披露された“CryEngine 3”の機能プレビュー映像
GDC 12: Crytek、初のモバイル進出タイトル『Fibble』を発表!
Crytekの従業員が“ドゥランゴ開発者サミット”に参加しているとツイート
噂: EAが『Crysis 3』の開発に携わるスタッフを募集
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4/XB1版『The Town of Light』は2017年海外リリース―実在した精神病院が舞台のADV

    PS4/XB1版『The Town of Light』は2017年海外リリース―実在した精神病院が舞台のADV

  2. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

    Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  3. 戦国死にゲー『仁王』インプレッション―「困難の先にある達成感」

    戦国死にゲー『仁王』インプレッション―「困難の先にある達成感」

  4. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥンがソフマップグラドルとして降臨?

  5. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け「YouTube」アプリがアップデート

  6. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  7. X1/PC版『Ultimate Marvel vs. Capcom 3』の海外配信日が決定!―パッケージ版も

  8. 『State of Decay 2』予告イメージがお披露目、新コンセプトアートもまもなく

  9. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  10. 『オーバーウォッチ』次なるイベントは旧正月?公式告知動画公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top